動乱の九州を駈けぬけた戦国大名の物語 九州国立博物館で企画展開催中!

九州国立博物館(福岡県太宰府市)で、開館10周年記念特別展「戦国大名 九州の群雄とアジアの波涛」が開催されています。16世紀後半の動乱の九州を駈けぬけた戦国大名と、戦国の気風を受け継いだ豊臣大名の姿に迫る展覧会。刀剣や武具はもちろん、海外交流にまつわる貴重な品々も展示されています。5月31日まで。

開館10周年を迎えた九州国立博物館

開館10周年を迎えた九州国立博物館

展覧会の主人公は九州を舞台に戦国の世を生き抜いた大名たち。そうそうたる顔ぶれが揃っています。

大友宗麟(1530-87)

豊後を本拠とする戦国大名・キリシタン大名。九州北部の覇者。アジア・ヨーロッパとの貿易で栄華を誇るも、島津義久との決戦に敗れて挫折した。

大友宗麟像 安土桃山時代 16世紀 京都・大徳寺瑞峯院蔵(展示期間は5月19日~31日)

大友宗麟像 安土桃山時代 16世紀 京都・大徳寺瑞峯院蔵(展示は5/19~5/31)

毛利元就(1497-1571)

安芸を本拠とする戦国大名。中国西部の覇者。貿易港・博多の支配をめざして九州に進出し、大友宗麟と対決するも、出雲尼子氏の南下に備えて撤退。子の吉川元春・小早川隆景、孫の輝元に後事を託し、75年の生涯に幕を閉じた。

毛利藩士の家に伝わる船旗「日明貿易船旗」(展示は5/17まで)

毛利藩士の家に伝わる船旗「日明貿易船旗」(展示は5/17まで)

島津義久(1533-1611)

薩摩を本拠とした戦国大名。九州南部を統一し、大友宗麟との決戦に勝利。一躍、九州の覇者となるも、豊臣秀吉の九州平定に屈した。

 

龍造寺隆信(1529-84)

肥前の戦国大名。大友氏衰退の機に乗じて肥前南部を平定。さらなる勢力拡大をめざすも、島津氏との決戦に敗れて戦死した。

 

立花宗茂(1569-1642)

筑後の大名。大友家の勇将として島津軍に抗戦。豊臣大名に抜擢されるも、関ヶ原合戦で豊臣方に参じて失脚。大坂の陣で功績をあげて旧領を回復し、柳川藩11万石の基礎を築いた。

 

鍋島直茂(1538-1618)

肥前の大名。龍造寺家の重臣として隆信死後の主家を支える。関ヶ原合戦では当初豊臣方に参じたが、徳川方に寝返り、柳川城の立花宗茂を攻略。佐賀藩36万石の基礎を築いた。

重要文化財「色絵山水竹鳥文輪花大皿」江戸時代17世紀 佐賀・鍋島報效会

重要文化財「色絵山水竹鳥文輪花大皿」江戸時代17世紀 佐賀・鍋島報效会

小早川隆景(1533-97)

伊予・筑前・筑後・肥前の大名。父・毛利元就の九州進出の最前線として活躍。豊臣秀吉に抜擢され、伊予、ついで筑前一国・筑後2郡・肥前2郡を治めた。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ