豪壮華麗な石造美術「アンコール・ワット展」福岡市美術館で開催中!

9~15世紀にかけて現在のカンボジアを中心に勢力を誇ったアンコール王朝などの石像美術を紹介する特別展「アンコール・ワットへのみち 神々の彫像」が、福岡市中央区大濠公園の市美術館で開催中です。

 

ヒンズー教の最高神ブラフマーや破壊神シヴァ、破壊神を父にもつ象頭の福の神ガネーシャ、両性具有の神アルダナーリーシュヴァラなど、多くの神や仏の像を展示。世界遺産アンコール・ワットに代表される豪壮華麗なヒンドゥー教、仏教の石造美術を間近に見られるチャンスです!

ガネーシャ像 カンボジア 10世紀後半

ガネーシャ像 カンボジア 10世紀後半

背面の美までじっくり眺められる展示となっています。

背面の美までじっくり眺められる展示となっています。

東南アジア史上に燦然と輝いたアンコール・ワット美術の形成過程が分かる展覧会。インドシナ半島の豊かな宗教彫刻を心ゆくまでお楽しみください。

 

【アンコール・ワットへのみち 神々の彫像】

会期:4月28日(火)~6月14日(日)

開館時間:9時半~17時半(入館は17時まで)

休館日:毎週月曜日

観覧料:一般1300円、高大生800円、小中生500円

※情報は2015.5.25時点のものです

福岡市美術館

住所福岡市中央区大濠公園1-6
TEL092-714-6051
FAX092-714-6145
URLhttp://www.fukuoka-art-museum.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ