糸島で制作!フランス人アーティストの個展開催@アンスティチュ・フランセ九州

フランスのアーティスト、アントニオ・ガグリアルディ(ANTONIO GAGLIARDI)氏の作品展が、福岡市・大名のアンスティチュ・フランセ九州で開催されています。アントニオ氏が糸島のアーティスト・イン・レジデンスStudio Kura滞在中に制作した作品の発表展。日本各地を旅して描き続けた作品をお楽しみください。6月25日まで。

アントニオ・ガグリアルディ氏

アントニオ・ガグリアルディ氏

日本文化を象徴する人や動物、空想の生き物たちまで、鮮やかに描かれています。一見、木版画のように見えますが、近くで眺めて驚き!発泡スチロールでできていました!

アントニオ氏の作品のテーマは、自然の空間と居住空間。花で覆われた男性や自然(植物)を手にする怪獣など、人やモノ、自然が空間の中で溶け合い、新たな世界を表現しています。「日本の魅力は、多様な自然と文化」と語るアントニオ氏。シニカルで詩的。斬新で伝統的な美を感じられる展示会です。

 

「アントニオ・ガグリアルディ展」

日時:6/4(木)〜6/25(木)入場無料
場所:アンスティチュ・フランセ九州5Fギャラリー(福岡市中央区大名2-12-6 ビルエフ)
開館時間 (日祝月は休館)
火〜金 10:00〜19:00
土 10:00〜18:00

※情報は2015.6.5時点のものです

アンスティチュ・フランセ九州

住所福岡市中央区大名2-12-6 ビルエフ
TEL092-712-0904
URLhttp://www.institutfrancais.jp/kyushu/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ