夜のネオン街「女みこし」が練り歩く!「第40回中洲まつり」

九州最大の歓楽街・中洲の夜をにぎやかに彩る「第40回中洲まつり」が10月8日(木)と9日(金)、福岡市博多区中洲で開催されます。名物の「女みこし」をはじめ、ふくこい踊りやはしご酒など、2日間にわたって多彩なイベントを実施。中洲の夜が一層華やかに盛り上がります。

 

中洲まつりは1976年(昭和51年)にスタート。今回で40回目を迎えます。今年は本舞台をホテルリソル博多前に設営し(水上レストランは休止)、大通りにワゴン100台を復活。からあげ、焼き鳥、おでんなどなど、中洲有志によるグルメが堪能できます。

中洲の夜景(提供:福岡市)

中洲の夜景(提供:福岡市)

女性だけで担ぐ名物の「國廣女みこし」は、2日間にわたって開催。8日は19時半ごろ、9日は19時ごろに中洲5丁目の國廣神社前をスタートし、2基の神輿が出る予定です。担ぎ手は中洲関係者だけでなく、どんな方でも参加OK。衣装の無料貸与もあるので、ぜひお問い合わせください。(中洲まつり実行委員会=092-272-1440)

1 / 2

この記事もおすすめ