2/27(土)地方創生シンポジウムin糸島   〜新しい働き方で変わる糸島の未来〜 開催!

クラウドソーシングを使った新しい働き方を推奨する 「ふるさとテレワーク」事業で注目されている福岡県の糸島市。

新しい働き方

 

「ふるさとテレワーク」事業では、”女性の新しい働き方”としてのクラウドソーシング利用の促進にも力を入れています。

結婚しても、出産しても、子育て中でも・・・社会とつながり、自分らしく働き続ける女性のサポートのため、

最近では、無料の託児スペースを隣接したコワーキングスペース【ママトコワーキングスペース】を糸島にオープンし

子連れのママの働ける空間を提供を開始しました。

 

ママトコワーキングスペース

ママトコワーキングスペース

 

そんな注目の土地糸島で、新しい働き方の提案、移住者と地元住民の共生など、地方の未来創造のために必要なアクションとは何か。

「ふるさとテレワーク」事業の一連の取り組みを皆様に知っていただくと同時に、
産官学が一体となって糸島とクラウドソーシングの未来を考えるきっかけをつくるシンポジウムが開催されます!

 

 

今回のシンポジウムには、テレビ東京系の番組「カンブリア宮殿」に先日出演された”自遊人”代表取締役の岩佐十良氏をはじめ、

クラウドソーシング大手、ランサーズ代表取締役社長 秋好 陽介氏なども登壇します。

新しい働き方を実現するクラウドソーシングが地方を元気にする、そんな可能性を探るシンポジウムです。
貴重なこの機会にぜひ、ご参加ください!

 

開催概要

日程: 2016年2月27日(土)
時間: 13:30~15:30(予定)
場所: 福岡銀行糸島支店 2Fセミナールーム
定員: 90名 ※定員になり次第受付終了
主催: 糸島コンソーシアム
対象: 糸島市民

 

プログラム

■13:00~ 受付開始

■13:30~ 開会あいさつ

■13:35~
 基調講演「地域を盛り上げる、デザイン的思考。」
 講師:岩佐十良氏/クリエイティブ・ディレクター 自遊人代表取締役

■14:20~
 パネルディスカッション「市民・移住者が共に創る糸島の未来」
 パネリスト:月形市長(糸島市)、秋好社長(ランサーズ)、宇治会長(日本テレワーク協会)、佐藤倫子氏(女性支援プロジェクト事務局 福岡教育大学非常勤講師)
 コーディネーター:九大・坂口先生

■15:30 終了

 

基調講演:「地域を盛り上げる、デザイン的思考。」岩佐十良氏(自遊人編集長)

自遊人編集長 岩佐十良さん

自遊人編集長 岩佐十良さん

 

 クリエイティブ・ディレクター 自遊人代表取締役

 1967年、東京・池袋生まれ。武蔵野美術大学四年在学中に現・株式会社自遊人を創業。
 2000年、ライフスタイル雑誌「自遊人」を創刊。
 2002年、雑誌と連動した食品のインターネット販売を開始。
 2004年、新潟県南魚沼に事業の本拠地を移す。

  食のプロデュースや農業問題のアドバイザーとして、行政府などが招集する委員を務める。2014年5月に、クリエイティブ・ディレクターとして全デザインを担当した、ライフスタイル提案型複合施設『里山十帖』をオープン。持続可能な民家保存というコンセプトと斬新な手法が評価され、 「Singapore Good Design Award 2015」受賞、EU7カ国で発行される建築デザイン誌「AD」に紹介されたほか、NHKワールドの「DESIGN TALKS」に出演。国内では「グッドデザイン賞」のBEST100に選出、中小企業庁長官賞も受賞した。
主なテレビ出演は、TBS系「情熱大陸」、テレビ東京「ソロモン流」「カンブリア宮殿」ほか。主な著書は「一度は泊まりたい有名宿覆面訪問記」(KADOKAWA)、「里山を創生する『デザイン的思考』」(メディアファクトリー)など。

 

司会:西本 美恵子さん

司会:西本美恵子さん

司会:西本美恵子さん

  福岡県のテレビ、ラジオを中心に活動するリポーター。熊本県出身。アサデスやオトナの女TVに出演。

  2011年に同じく地元タレントのHARUと結婚。子育てにも奮闘中。

 

 

 

 

 

申込方法

申込フォームより、必要事項を記入してお申し込みください。

地方創生シンポジウムin糸島 申し込みフォームはこちら

 

※情報は2016.2.12時点のものです

お問合せ先  糸島シンポジウム運営事務局(西日本新聞メディアラボ内)

TEL092-711-5416
FAX092-711-5188
URLhttps://f.msgs.jp/webapp/form/13614_qdu_244/index.do

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ