福岡空港⇔中部国際・セントレア空港(名古屋)観光PRイベント開催!

福岡と名古屋を空の旅で結ぶ「福岡空港⇔中部国際空港セントレア航空路線」の観光PRイベントが2月27日(土)と28日(日)、福岡市の天神地下街 1番街イベントコーナーで開催されます。

中部国際空港セントレアから名古屋市中心部までは電車で約28分、三重県津市までは船で約45分、岐阜市までは電車で約1時間5分。主要都市までのアクセスが良好なことから、名古屋市、愛知県、三重県、岐阜県のPR隊が勢ぞろいします!

戦国武将の聖地・名古屋

イベントでは、「名古屋おもてなし武将隊」「愛知県 徳川家康と服部半蔵忍者隊」が迫力の演舞を披露するほか、「キラッ都なごやメイツ」の澤田さんが話題の東山動物園(名古屋市)のイケメンゴリラや名古屋めしの魅力を伝えます。

現在、復元工事中の名古屋城本丸御殿は、今年6月1日に第2期公開!「平成30年の完成に先駆け、修復中の名古屋城を皆々にぜひ見ていただきたい。修復前と修復後もぜひ見比べてほしい」と、「名古屋おもてなし武将隊」の前田利家氏。

伊勢志摩サミットもPR

三重県津市の「シロモチくん」は、今年5月に開催される伊勢志摩サミットやセントレアを結ぶ航路、そして松阪牛を紹介。

シロモチくんの由来は、『藤堂高虎公がまだ若く貧しい頃、餅屋の商品をつまみ食いをしてしまったのに、餅屋のご主人は優しい言葉をかけて下さり、それに感謝した高虎公が”人の情けを忘れないように”と、藤堂家の旗印を「白い三つ丸餅」とした』ことにあるそうです。シロモチくんはその旗から生まれた精霊だそうです。

合掌の郷・清流の国・岐阜

岐阜県が世界に誇る遺産といえば「白川郷合掌造り集落」(ユネスコ世界文化遺産)や「清流長良川の鮎」(世界農業遺産)、「本美濃紙」(ユネスコ無形文化遺産)。そして、最近、映画でも話題になった外交官杉原千畝氏も岐阜県出身。千畝がナチス・ドイツによる迫害が迫るユダヤ系ポーランド難民に発給した「命のビザ」のレプリカなどがある記念館もあります。また、京都市の祇園祭、埼玉県秩父市の秩父夜祭と並び、日本三大美祭の一つとして知られる「高山祭」も必見です!

岐阜県の清流の国ぎふマスコットキャラクター「ミナモ」は、“チームミナモ”のダンスを披露、飛騨高山キャンペーンレディ太江さんは世界遺産登録20年を経た合掌の郷など雪の魅力を伝えてくれます。

観光PRステージ&お楽しみ抽選会は、①13:00~②14:30~③16:00~の3回。PR以外の時間は、キャラクターと触れ合うことができるほか、子どもがパイロットやキャビンアテンダントになりきって写真が撮れる衣装も用意されています。ぜひ、ご家族やご友人を誘ってお楽しみください!

※福岡空港⇔中部国際・セントレア空港は1日13往復26便あります。

公式サイト⇒http://www.centrair.jp/

 

※情報は2016.2.26時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ