兵馬俑×フラワーアート 太宰府天満宮が日本一モダンな空間になる4日間[6/9-12]

「ニコライカラー」と呼ばれる独特の色使いや斬新なアレンジでフラワーデザイン界に革新をもたらした、デンマーク出身のニコライ・バーグマンさん。6月には、太宰府天満宮など3会場で4日間限定の展覧会「新花 -SHINKA-」を開催することが決定しました。来日して18年。北欧と日本の様式を織り交ぜた独自の感性は、伝統の地でどのように表現されるのでしょうか。

ニコライ・バーグマンさん

ニコライ・バーグマンさん

 

-2014年秋の「伝統開花」に続き2回目の開催。 数ある日本の寺社のなかでなぜ太宰府に?

2年前、初めて太宰府に来たとき、長年抱いてきた日本に対するイメージが一変したんです。人や風土に触れて自分の感性が生まれ変わり、たくさんの新しいインスピレーションを得ました。とくに印象深かったのは太宰府の方々のおもてなしの心です。仕事としてではなく、心の底から相手を思い、助ける気持ち。福岡のことが大好きな理由の一つですね。作品や展示の形式にはほとんど制約がなく、自由に表現できる環境をありがたく思っています。

 

-今回の見どころは?

和と洋、伝統とモダンといった異なる要素の「バランス」が僕のすべての作品に通じるテーマです。今回準備した100点以上の新作は、漆や陶器、桐などの花器もオリジナルデザインで、前回よりモダンな雰囲気を意識しました。新しく会場に加わった志賀海神社では海とアートとの心地よい調和を感じてください。趣味で集めていた中国の兵馬俑とフラワーアートを掛け合わせるという斬新な展示にもチャレンジします。九州国立博物館で開催中の「始皇帝と大兵馬俑」展と一緒に楽しんでもらえたらうれしいですね。

 

ニコライ・バーグマン 展覧会「新花 -SHINKA-」

【日時】2016年6月9日(木)~12日(日) 9:00~17:00(最終入場16:30)

【場所】太宰府天満宮、宝満宮竈門神社、志賀海神社

【料金】屋外展示無料、屋内展示(全会場共通)800円 ※12歳以下無料

 

◎お問い合わせ

ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン

TEL:03-5464-0716(平日10:00~18:00) E-mail:info@nicolaibergmann.com

 

※情報は2016.5.27時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ