劇団・ヨーロッパ企画公演『来てけつかるべき新世界』[10/1-2]

京都を拠点に活動する劇団「ヨーロッパ企画」の第35回公演「来てけつかるべき新世界」が10月1日(土)と2日(日)、福岡市・天神の西鉄ホールで開催されます。

 ヨーロッパ企画第35回公演「来てけつかるべき新世界」

◎作・演出/上田誠

◎音楽/キセル

◎出演/石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、中川晴樹、永野宗典、西村直子、本多力、金丸慎太郎、藤谷理子、福田転球

 自分の中から強烈な獣の匂いがしたので、大阪のおっさんの劇をやりたいと思いました。僕らは京都で劇を作ってますが、大阪は近いようで遠くて、深いところを触らせてもらえないようなところがあって。とりわけ「新世界」という街にはひどく憧れがありました。レトロフューチャーそのままの名前と街の感じに。 ジャンジャン横丁には将棋サロンがありましてね、近くにはゲームセンターがあって、そこにも将棋ゲームがやっぱりあっておっさん天国だったりして。そんな 新世界を舞台にSFを夢想しました。おっさんがドローンと戦ったり、ロボットアームに王手飛車取りを迫られたり、ホログラフィの娘と言い合いしたり、そういう来たるべき、来くさるべき、来てけつかるべき新世界を描けたらと思います。 (上田誠)

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ