日本画家・絹谷香菜子氏 九州初出展 「Heart Art in Fukuoka 2016」福岡アジア美術館

油彩や版画、書画、立体作品などジャンルを超えた多彩なアート作品が集う「Heart Art in FUKUOKA 2016」が、福岡市博多区下川端町の福岡アジア美術館(リバレインセンタービル7階)で開催されています。入場無料。28日(火)まで。

大好評だった昨年に続く2回目の公募美術展。福岡県内を中心にした芸術家約80人、約130点の作品が並んでいます。

中でも今回注目したいのは、九州で初出展となる絹谷香菜子氏の作品。多様な動物をモチーフにした花鳥画で注目を集める絹谷氏が、二曲半双の本金屏風に水墨と顔料を用いて描いた「金色の月夜に舞う麒麟」と、クリエイティブ集団・株式会社Zero-Ten(福岡市)とコラボした水墨画とデジタル映像のコラボレーション作品「旅に出るものたち-Leopard-」の2点を発表しています。

「金色の月夜に舞う麒麟」と絹谷香菜子氏

「金色の月夜に舞う麒麟」と絹谷香菜子氏

 

「旅に出るものたち-Leopard-」

「旅に出るものたち-Leopard-」

「旅に出るものたち-Leopard-」で描かれたヒョウは、デジタル映像によって前にゆっくりと歩いていく様子が描かれています。また、瞳には移り行く景色が映し出され、まるで生きている動物のようです。「強い意志を持ち、瞳の先に見えるものをまっすぐに見据え、迷いなく歩いていくヒョウの姿を描きたかった」と絹谷氏。見つめるほど作品の中に吸い込まれ、ヒョウと対話しているような、ヒョウに自分の心を見透かされているような、そんな不思議な感覚がする作品です。

6月25日(土)16時~16時15分は、福岡アジア美術館で絹谷氏とZero-Ten代表の榎本二郎氏によるトークセッションも開催。どなたでもお気軽に参加できるので、ぜひお楽しみください。

Heart Art in Fukuoka 2016

会期:6月23日(木)~6月28日(火)

料金:無料

時間:10:00~20:00(入場は19:30まで)

※最終日は17:00まで(入場は16:30まで)

会場:福岡アジア美術館

住所:福岡市博多区下川端町3-1リバレインセンタービル7・8階

※情報は2016.6.25時点のものです

福岡アジア美術館

住所福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8F 
TEL092-263-1100
FAX092-263-1105

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ