福岡市美術館にゴジラ襲来!「ゴジラ展」開催[7/15-8/31]

福岡市にゴジラ襲来!福岡市美術館(中央区大濠公園)で7月15日(金)、「ゴジラ展―大怪獣、創造の軌跡(あしあと)」が始まりました!8月31日(水)まで。

1954(昭和29)年に公開された東宝映画「ゴジラ」は、ミニチュアと合成を駆使した迫真の特撮、そして水爆実験の影響で怪獣が生まれる、という人類規模の災厄を生んだ科学技術への疑念という社会的テーマ等が結晶した、比類ない作品でした。

怪獣ゴジラの魅力と相まって大ヒットとなった「ゴジラ」は、「特撮」というジャンルを日本映画に確立し、以後、昭和30年代から平成、そして21世紀に入った2004年までに、50年間で28作に及ぶ大きな足跡を日本映画史上に刻んでいます。

会場では、撮影に使用したゴジラやキングギドラなどの着ぐるみや、特撮美術監督として活躍した古賀市出身の故井上泰幸さんが描いたデザイン画など約680点を展示。写真撮影ができるスポットもありますので、夏休みの思い出づくりにもオススメです!

こんな特撮もとれます。

こんな風にポジションとって…

こんな風にポジションとって…

 

合成すると…

合成すると…

 

ワォ♡

ワォ♡

ゴジラ人気は衰えを知らず、7月29日には、国産ゴジラ映画としては12年ぶりの新作となる「シン・ゴジラ」が公開されることになっています。※映画「シン・ゴジラ」ホームページ⇒http://shin-godzilla.jp

今年の夏は、ゴジラとともにお楽しみください!

 

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ