「池田満寿夫デッサン展」開催中☆大野城まどかぴあ20周年記念

大野城まどかぴあ開館20周年を記念し、初代館長を務めた池田満寿夫氏(1934-1997)のデッサン展が1階多目的ホールで開催中です。入場無料。7月31日(日)まで。

池田満寿夫氏は、31歳の時にニューヨーク近代美術館で日本人初の個展を開催し、翌年には第33回ヴェネチア・ビエンナーレで版画部門大賞を受賞するなど、若いころから世界的な芸術家として活躍。版画、彫刻、陶芸、小説、映画など従来の芸術の枠にとどまらない池田氏の作品の数々は、鮮烈な存在感を放ち、人々の記憶の中に強く残り続けています。

池田満寿夫氏

池田満寿夫氏

1996年に開館した大野城まどかぴあの初代館長を務めた池田氏は、亡くなる2日前まで自選展の準備で大野城を訪れていたそうです。開館20周年を記念した今回の展覧会では、池田氏の作品の礎となった未発表デッサン全作品を初公開。残されたデッサン(メモ・ドローイング)から感じる余韻を楽しみながら、独自の美の世界が生まれる瞬間と色あせぬ情熱的な池田満寿夫の世界をお楽しみください。

池田満寿夫デッサン展

会場:大野城まどかぴあ(1階)多目的ホール

料金:無料

会期:2016年7月9日(土)~7月31日(日)10:00~18:00

※29日(金)・30日(土)のみ20:00まで

※30日(土)のギャラリートーク中は入場を制限する場合があります。

※31日(日)は17:00まで

※情報は2016.7.22時点のものです

大野城まどかぴあ

住所福岡県大野城市曙町二丁目3番1号
TEL092-586-4000
FAX092-586-4001
URLhttp://www.madokapia.or.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ