初めての「山の日(8月11日)」は、イイ!(1・1)映画を観よう!

来週8月11日は初めての祝日「山の日」です。

そんな8月11日限定で日付”11日”にちなみ、KBCシネマ1・2で絶賛上映中の2作品

・『シング・ストリート 未来へのうた』

・『AMY エイミー』

この夏一番の“イイ!(1・1)”映画として1,100円で鑑賞できます!

まだ観ていない!という方はもちろん、もう一度観たい!という方も楽しみやすくなっています。

ファンファン福岡ご覧の皆さん、8月11日の「山の日」はKBCシネマでお得に映画を観ましょう!

 

映画『シング・ストリート 未来へのうた』

【イントロダクション】

『はじまりのうた』『Once ダブリンの街角で』監督最新作。

80年代、大不況下のダブリン。僕たちはバンドのPVで、憧れのロンドンを目指した。

爽快!感涙!青春音楽映画の傑作、誕生。

舞台はダブリン、どん底の毎日を過ごしている少年がバンドを組み、ストリートや海辺でPVのゲリラ撮影を 重ねるうちに、切ない恋と友情が加速する。傷つきながらも成長していく少年の姿が愛おしく、「人生は何にでもなれる」と思っていたあの頃を思い、胸が熱くなる―。

迷える若者の救世主だった、デュラン・デュラン、A-ha、ザ・クラッシュ、ザ・ジャム・・・80年代ブリティッシュ・サウンドにのせて、音楽が運命を切り開く力をくれる瞬間を鮮やかに切り取る、青春音楽エンタテインメントの傑作!

©2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

【映画公式サイト】http://gaga.ne.jp/singstreet/

 

映画『AMY エイミー』

【イントロダクション】

第88回アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞受賞!!

エイミー・ワインハウスの、世界中を涙と感動の渦に巻き込んだ衝撃のドキュメンタリー映画!

2011年7月23日、27歳の若さでこの世を去った悲劇の歌姫エイミー・ワインハウス。1983年、英国で生まれた彼女は、10代でレコード会社と契約を結び、弱冠20歳でデビュー・アルバム『Frank』を完成させ大きな評価を得る。複雑な家庭環境や激しい恋愛関係など、自身の人生体験を糧に独自の音楽をつくりあげ、2008年にはグラミー賞で5部門受賞するも、歌手としての活動期間はわずか10年足らずとなってしまった。

音楽を愛し、魂を削って歌い続けたひとりの女性の人生は、私たちに何を伝え、何を教えてくれるのだろうか?

©Rex Features ©2015 Universal Music Operations Limited.

©Rex Features ©2015 Universal Music Operations Limited.

【映画公式サイト】http://amy-movie.jp

 

◎​問い合わせ先

​KBCシネマ1・2

TE​L/092-751-4268

​​〒810-0071 福岡市中央区那の津1-3-21

劇場ホームページ→http://www.h6.dion.ne.jp/~kbccine/

 

※情報は2016.8.5時点のものです

KBCシネマ

住所福岡市中央区那の津1‐3‐21
TEL092-751-4268
FAX092-712-8229
URLhttp://www.h6.dion.ne.jp/~kbccine/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ