新作・日本未公開含む約50作品を公開!『アジアフォーカス・福岡国際映画祭』

2016年9月15日(木)から25日(日)の期間中、キャナルシティ博多をメイン会場に、その他ユナイテッドシネマ・キャナルシティ13、ぽんプラザホールで『アジアフォーカス・福岡国際映画祭』が開催されます。

優れたアジア映画の新作・日本未公開作品などを含む約50作品を上映します。

また、期間中は上映作品の監督や出演者など多くの映画関係者がゲストとして来福し、上映後のQ&Aやサイン会、シンポジウムなどのイベントを通じてゲストとの交流を楽しむことができます。その他にも、映画の上映だけでなく映画関係産業の人材育成や産業振興に寄与するイベントも開催します。

アジア映画に焦点をあてたユニークな映画祭。

ほとんどの作品が日本初公開となるため、日本語字幕を付けての上映となりますが、本映画祭ではさらに、アジア各地から参加するゲスト及び地元の留学生が鑑賞できるように、英語の字幕も付けています。

この機会に、会場に足を運んで、映画を満喫してみてはいかがでしょうか。

「風は記憶 Memories of the Wind」★日本初上映

それぞれの心に閉ざされた記憶

第二次大戦中のトルコ。共産主義者の主人公は、反抗分子として政府から追われていた。危険なイスタンブールから脱出しソビエトへ亡命するため、国境近くの山小屋に潜伏。そこには初老の男性と若い女性というワケありげなふたりがいた…。抑圧された人々の秘めた想いを詩情あふれる映像美で描く。

2015年/トルコ・仏・独・ジョージア/126分

監督:オズジャン・アルペル

 

「セブンレターズ 7 Letters」★九州初上映

7人7様に描くシンガポール物語

シンガポールを代表する映画監督エリック・クーを筆頭に、7名の監督が贈る7本のショートムービー。テーマは各監督それぞれが抱く故郷との繋がり。7監督7様、言葉や人種、世代とそれぞれにバックグランドを異にするシンガポーリアンのエピソードを通して、そこに暮らす人々の核心に迫っていく。

2015年/シンガポール・マレーシア/116分

監督:エリック・クー、ブー・ユンファン、ジャック・ネオ、ケルビン・トング、K.ラジャゴパル、タン・ピンピン、ロイストン・タン

 

その他の上映作品はこちら⇒http://www.focus-on-asia.com/lineup/

 

【アジアフォーカス・福岡国際映画祭

◎期間

2016年9月15日(木)〜25日(日)

◎会場

キャナルシティ博多、ユナイテッドシネマ・キャナルシティ13、ぽんプラザホール

◎お問い合わせ

アジアフォーカス・福岡国際映画祭実行委員会事務局(福岡市役所 国際経済・コンテンツ部内)

TEL : 092-733-5170 ※10:00~17:00

MAIL : info@focus-on-asia.com

★チケット販売などその他詳しい情報はこちら⇒http://www.focus-on-asia.com

 

※情報は2016.8.31時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ