美しくも残酷な姉弟を描く 能「蝉丸」住吉神社能楽殿

福岡市能楽協議会の定例公演「第21回ふくおか市民能『蝉丸』」が5月5日(祝・金)午後2時、住吉神社能楽殿で開催されます。

能「蝉丸」は、世の無常に嘆き、真理を求め悩み、もがきながらも必死に生きる姉弟を美しくも残酷に描いた作品です。醍醐天皇(延喜帝)によって逢坂山に捨てられる盲目の第四皇子・蝉丸を今村嘉太郎さんが、天皇の第三子で、生まれつき逆立った髪を持ちその苦悩から狂人となった、蝉丸の姉・逆髪を多久島法子さんが演じます。そのほか、茂山良暢さんによる狂言「口真似」など、能や狂言の世界がたっぷりと楽しめるプログラムとなっています。ぜひお楽しみください。

第21回ふくおか市民能「蝉丸」

日時:5月5日(祝・金)14時開演(13時開場)

場所:住吉神社能楽殿

チケット(全席自由):一般3,000円(当日3,500円)学生1,500円(当日2,000円)

福岡市能楽協議会:092-711-8048

チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード 456-452 セブン―イレブン、サークルK・サンクス

ローソンチケット:0570-084-008 Lコード 82505 ローソン、ミニストップ

★蝉丸を面白く観る為の事前講座★

日時:4月30日(日)13:00~14:30

場所:住吉神社能楽殿

※チケットをお持ちの方は無料、お持ちでない方は1,000円の受講料が必要です。

FBイベントページはこちら⇒★★★

※情報は2017.3.12時点のものです

住吉神社能楽殿

住所福岡市博多区住吉3丁目1-51
URLhttp://chikuzen-sumiyoshi.or.jp/nogaku/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ