織葉 曼荼羅の世界展「ひかりの庭」Cafe & Gallery フッフール

曼荼羅アーティスト織葉(おるは)さんによる「織葉 曼荼羅の世界展 ひかりの庭」が4月1日~9日、福岡市南区井尻のCafe & Gallery フッフールで開催されます。

古代サンスクリット語で、円、聖なる器という意味を持つ「曼荼羅」。会場では、ボールペンとサインペンで描いた幾何学模様の曼荼羅が展示されます。スワロフスキーをあしらい、美しく光り輝く世界は、人の心の中にある、光にあふれた庭のような場所を表現しています。

織葉さんは、2011年に旅行先で曼荼羅と出会い、独学で曼荼羅を描き始めるようになったそうです。翌2012年には独立して曼荼羅アーティストとして活動を開始。これまでに2000点以上の作品を描き、国内外で個展を開催するなど、幅広く活躍しています。

タイトル「ひかりの庭」について、織葉さんは「みんなが誰しも心の中にもっている美しい場所で本来の自分になれる場所」と語っています。曼荼羅を通し、自らの内にある“ひかりの庭”をこの機会にぜひ感じてみてください。

織葉 曼荼羅の世界展 ひかりの庭

日時:4月1日~9日

会場Cafe & Gallery フッフール(福岡市南区井尻4-21-23)

電話/FAX:092-519-1154

休日:月曜日

入場料金:無料

※情報は2017.3.18時点のものです

Cafe & Gallery フッフール

住所福岡市南区井尻4-21-23
TEL092-519-1154
FAX092-519-1154
URLhttps://www.fuchur-cafeandgallery.com/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ