映画で現代社会を考えよう!毎月第3日曜&第4金曜に『シネカル天神』開講中

毎月第3日曜&第4金曜(プレミアムフライデー)は、映画で現代を学ぼう!

さまざまな社会問題を扱った映画を鑑賞する「シネカル天神」では、一般の映画館ではなかなか見ることができない話題作ぞろい。映画を通して、現代社会の問題に向き合ってみませんか。

観覧料:1,200円、3枚チケット3,000円、高校生以下800円(税込、要予約)

住所:福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館16F(大丸福岡天神店が入ったビルです)

問い合わせ:西日本新聞TNC文化サークル 092-721-3200

■4月「ザ・テノール 真実の物語」

4月15日(日)13:00~

4月27日(金)15:30~

アジア史上最高といわれたオペラ歌手ベー・チェチョルは、甲状腺ガンに侵され、手術によって声帯の神経を切断。歌声を失う。過酷な苦難を受ける彼に一人の日本人音楽プロデューサーが手を差し伸べた。

■5月「365日のシンプルライフ」

5月20日(日)13:00~

5月25日(金)15:30~

フィンランド人で26歳のペトリは、失恋を機にモノに囲まれた生活をリセットする決意をする。ルールは4つ。[1]持ち物全てを倉庫に預ける[2]1日に1個だけ倉庫から持って来る[3]1年間続ける[4]何も買わない。

■6月「抱く{HUG}」

6月17日(日)13:00~

6月22日(金)15:30~

環境問題や逆境に生きる人々を描いてきた海南友子監督。3.11直後に福島第一原発4キロ地点にまで肉薄して取材をしていた際、妊娠していることに気づきます。不妊治療の末、いったん諦めていた初の妊娠でした。

■7月「デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり」

7月15日(日)13:00~

7月27日(金)15:30~

アカデミー賞を受賞した「シャイン」のモデルのドキュメンタリー。伝説のピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴットは精神的な病で11年もピアノから遠ざかる。その後、不安を抱えつつワインバーで弾き始める。

■8月「タシちゃんと僧侶」

8月19日(日)13:00~

8月24日(金)15:30~

ダライ・ラマ14世からの依頼でチベット仏教を西欧に広めるため、宗教教育者としてアメリカに暮らしていた僧侶ロブサン・プントソックは、8年前故郷に戻り、貧困に苦しむ子ども支援に乗り出した。

■9月「台北カフェ・ストーリー

9月16日(日)13:00~

9月28日(金)15:30~

OLからカフェのオーナーに転身したドゥアル。妹チャンアルが、カフェで物々交換を始めるアイデアを思いつき、やがてカフェの一番の魅力となっていく。

※情報は2018.4.6時点のものです

西日本新聞会館

住所福岡市中央区天神1-4-1
URLhttp://www.skyh.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ