世紀の大発見を体感!世界遺産「ラスコー展」九州国立博物館で7月開幕

世界遺産のラスコー洞窟壁画が体感できる特別展「世界遺産 ラスコー展 クロマニョン人が見た世界」が7月11日(火)~9月3日(日)、福岡県太宰府市の九州国立博物館で開催されます。世界各国で人気の巡回展に、日本独自の内容を加えた特別展。東京、宮城に続き、ついに福岡へ上陸する話題の特別展をお見逃しなく!

今から2万年ほど前、フランス南西部のヴェゼール渓谷に、色彩豊かな躍動感あふれる動物たちの壮大な壁画が描かれました。描いたのはクロマニョン人。彼らはどのような生活を送り、どのようにしてこれだけの彩色画を描いたのか。特別展では、謎に包まれたラスコー洞窟の全貌を紹介するとともに、クロマニョン人の芸術的な彫刻や多彩な道具にも焦点を当て、人類の芸術の起源に迫ります。

洞窟は壁画を保存するため現在非公開となっていますが、1mm以下の精度で再現した実物大の洞窟壁画展示によって、洞窟内部の世界が体験できます。また、会場にはクロマニョン人の復元模型も展示。こちらは撮影OKです。クロマニョン人との記念撮影もぜひお楽しみください。

世界遺産 ラスコー展

会期:平成29年7月11日(火)〜 9月3日(日)

開館時間:午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで)

休館日:毎週月曜日 ※7月17日(月・祝)・8月14日(月)は開館、7月18日(火)は休館

観覧料

一般 1,600円(1,400円)

高大生 1,000円(800円)

小中生 600円(400円)

※( )内は前売りおよび団体料金(有料の方が20名以上の場合)

【夜間割引料金】

一般 1,400円

高大生 800円

小中生 400円

※毎週金曜・土曜は午後8時まで開館(入館は午後7時半まで)。夜間開館当日午後5時以降に九州国立博物館券売所で販売。夜間割引料金で購入されたチケットで午後5時以前に入館することはできません。

問い合わせ:NTTハローダイヤル=050-5542-8600(午前8時~午後10時/年中無休)

公式サイトhttps://lascaux-fukuoka.jp/

※情報は2017.5.4時点のものです

九州国立博物館

住所福岡県太宰府市石坂4-7-2
TEL050-5542-8600(NTTハローダイヤル)
URLhttp://www.kyuhaku.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ