久保田一竹 誕生100年祭「一竹辻が花展」開催中!(〜5/14)

神話

20歳の時、東京国立博物館で室町時代の「辻が花染め」の小裂に出会って以来、生涯を自身の染「一竹辻が花」に懸けた久保田一竹。

今回、岩田屋 本館7階 大催事場では、久保田一竹の誕生100年祭「一竹辻が花展」が5月14日まで開催中です。

初代と二代の合作『神話』をはじめ、落陽5連作[静・寂・動・流・暮]と光響5連作(紅・緋・香・鶸茶 ・藍鳩羽)他11枚の計22作品を一堂に展示します。

また、特別提供品を多数そろえた「きもの販売会」も開催します。

心血を注ぎ創りあげた秀逸の作品の数々をご堪能ください。

 

久保田一竹誕生100年祭「一竹辻が花展」

■日時

~5月14日(日)10:00〜20:00(入館は閉館の30分前まで) ※最終日は午後6時閉場

■会場

岩田屋 本館7階 大催事場

■入場料

一般:500円 ※小学生以下無料

エムアイカード、エムアイ友の会カードの提示で本人とお連れの方1名は無料。

■お問い合わせ

岩田屋本店 TEL.092-721-1111

その他、詳しい情報はこちら⇒http://www.i.iwataya-mitsukoshi.co.jp/

 

プロフィール

久保田一竹

染色家、一竹辻が花創始者。1917年10月、東京神田生まれ、14歳で染色の道に入り19歳で独立。20歳の時に室町時代の「辻が花染め」に出会い、魅了され、生涯を独自の染め「一竹辻が花」にかける。国内外にて多数の展覧会を開催。1990年、フランス政府によりフランス文化勲章シュヴァリエ章を受賞。1994年、河口湖に一竹美術館を開設。1995年、米国スミソニアン国立自然史博物館より、半年間に渡る同博物館での個展への協力に対し、感謝状を授与。2003年4月逝去(85歳)。

 

※情報は2017.5.10時点のものです

岩田屋

住所福岡市中央区天神2丁目5番35号
TEL 092-721-1111(代表)
URLhttp://www.i.iwataya-mitsukoshi.co.jp/index.html

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ