映画館が美術館に!?映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』

ただいまKBCシネマ1・2で絶賛公開中のドキュメンタリー映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』!
先日、福岡市中央区にあるダイニングバー「天神カーブ」の3階パーティールーム「天神カーブスク エア」で行われた試写会にお邪魔して来ました。

「メットガラ」ってご存知ですか?

「 メット」の呼び名で知られ、NYマンハッタンに位置する世界最大級の美術館、メトロポリタン美術館。
ここで毎年5月の第1月曜日に開催され、豪華なドレスに身を包んだ各界のセレブが一堂に会するファッション界最大のイベント(ガラ)。それが「メットガラ」!


「メットガラ」はメットの服飾部門の資金集めのために開かれるパーティーで、主催は雑誌『VOGUE』の編集長で、あの「プラダを着た悪魔」のモデルにもなったアナ・ウィンター!
そしてガラの開催とともにメットで開かれる企画展を指揮するのは、服飾部門キュレーターのアンドリュー・ボルトン。
『メットガラ ドレスをまとった美術館』は2015年の特別展とガラパーティー開催までの舞台裏を描いたドキュメンタリー映画です。

企画を成功させるために奮闘するアンドリューとアナ、そして周囲の人々。
「ファッションはアートか?」という問いがこの作品の軸になっています。

カール・ラガーフェルドなど著名なデザイナーが登場しますが、彼らはファッションを商業的なものだと捉え、アンドリューは悩みながらもその答えをメットに見出そうとする・・・。
そんな彼らを追った91分間は、まるで美術館の世界に入り込んだかのように美しく幻想的な世界が広がっています。

そしてなんといってもいちばんの見どころは、ガラ当日レッドカーペットを歩くセレブ達の華やかな姿!リアーナや、ジャスティン・ビーバー、アン・ハサウェイなど超豪華なスターたちが続々と集う様子は夢のような時間です。

ファッションが好きな方にはぜひ見ていただきたい!
優美な世界の裏側でファッションの文化を創り、表現する人々の苦労と葛藤。ファッションとは何か?芸術とは何か?考えさせられる作品です!
おしゃれがもっと楽しくなるかもしれませんよ?

『メットガラ ドレスをまとった美術館』
■監督:アンドリュー・ロッシ
■出演:アナ・ウィンター、アンドリュー・ボルトン、ウォン・カーウェイ、ジョン・ガリアーノ、ジャン=ポール・ゴルチエ、、カール・ラガーフェルド ほか
■製作年:2016年
■製作国:アメリカ
■配給:アルバトロス・フィルム
■上映時間:91分
■オフィシャルサイト:http://metgala-movie.com/

▼KBCシネマ1・2で上映中
http://www.h6.dion.ne.jp/~kbccine/

天神カーヴ&天神カーヴ スクエア(TENJIN CAVE &TENJIN CAVE SQUARE)
■〒810-0001 福岡市中央区天神3丁目6−5 SPAZIO 2F&3F
■TEL 092-724-5911
■営業時間:18:00~5:00
■定休日:毎週月曜日(祝日の場合は火曜日)
■ホームページ:http://tenjincave.com/index2.php
   Facebook:https://www.facebook.com/tenjincave/

※情報は2017.5.31時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ