6月10日(土)・11日(日)「つくると!3~だれでも参加できるものづくり博覧祭~」開催!

はじめまして。つくると実行委員会の代表、松本です。

今回は、6月10日(土)・11日(日)、九州大学大橋キャンパス多次元デザイン実験棟にて開催します「つくると!3~だれでも参加できるものづくり博覧祭~」のご紹介です。

2015年9月ものづくりの展示会で、集まった有志で、福岡には表現できる場が無く、まずは発表する場として、この活動は始まりました。福岡は、昔から「どんたく」や「山笠」など、自分たちでお祭りをつくり、みんなが集まってくるという文化をたくさん作ってきました。

この「つくると!」も同じように、日頃のものづくりの発表の場として、会を重ねていくことで、新しいものづくりの文化を育っていってほしいという気持ちで開催しています。そんな思いを博多弁の「つくると!」(つくるんだ!)という言葉に込めて、コミュニティのみんなの投票で決めました。

3回目のテーマを「Crazy for」とし、夢中な仲間たちが集まり、夢中な作品や活動を発表できる場を企画しました。企画の見どころとなる展示とセッションについて、ご紹介いたします。

まずは展示について。

毎回、出展者のみなさんの思いがこもった作品が一堂に揃い、手芸や電子工作、3Dプリンタを使った工作など、さまざまな展示に触れることが出来ます。出展者によっては、独自のワークショップをご用意している場合もあり、その場で作れることも特徴です。どれもオススメですが、その中から3つをご紹介します。

■オススメの展示1

ガンダム佐賀に立つ!の会

http://vol3.tsukuruto.net/maker/archives/21

実物大ガンダムヘッド(1/1ガンプラ)が会場内に登場します!

お台場ガンダムを佐賀に!そんな夢を抱き結成された団体で、PR活動の一環として、吉野ヶ里公園駅コミュニティーホール(佐賀)にて、1/1ガンダムヘッドを作成されておられます。今回は、実物大のガンダムヘッドを見ながらガンプラをつくるワークショップもおこなわれる予定です。

■オススメの展示2

領木信雄さん

http://vol3.tsukuruto.net/maker/archives/30

あまり見たことがない2種類のピースはペンローズ・タイルを基にして作られており、非周期的にも並べることができます。先日お話を伺ったところ、改良中とのことで、どうやって作られたかとても不思議なのですが、いろいろな形に並べ替えることができ、並べた本人も不思議な体験ができます。これは大人も子どもも遊びがいがあります。

※ペンローズ・タイルとは、イギリスの物理学者ロジャー・ペンローズが考案した平面充填形で二種類の菱形によるもの。

■オススメの展示3

ねるある太宰府支部(NEXT+α)

http://vol3.tsukuruto.net/maker/archives/9

毎回人気を博す「論文まもるくん」に続く最新作「アトゴフンダケ」。だれでも朝起きた時に「あと5分だけ寝たい」と思ったことはありますよね。生活の中にある「あるある問題」を解決してくれる画期的なロボットが発明されました。是非その動きを会場で御覧ください。きっと欲しくなります。

次にセッションについて。毎回さまざまな「つくる」を切り口としたトークセッションやパネルティスカッションを催し、どの企画も見逃すことが出来ないものばかりです。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ