「シーサイドももち 花火ファンタジアFUKUOKA」好評につきプレミアム席完売、新プレミアム席緊急設置追加決定!

2017年7月26日、福岡市・シーサイドももち海浜公園にて「シーサイドももち 花火ファンタジアFUKUOKA」が開催されます。

実に17年ぶりとなる百道浜での花火大会。楽しみですね!

打ち上げの最高地点は450m!福岡タワー展望室の約3.6倍の高さになります。

「シーサイドももち 花火ファンタジアFUKUOKA」の魅力は、音楽と花火の融合。

ハノーファー(ドイツ)国際花火競技会をはじめ、多くの国際大会で高評価を受けている「丸玉屋」の花火師たちが行う、専用の最先端のコンピュータで花火と音楽をシンクロさせ、花火大会を盛り上げます。

またクライマックスには、7分間で4000発もの花火が打ち上げられフィナーレを飾ります。

高さを誇るダイナミックな打ち上げ花火もあれば、横に斜めにと低い角度の仕掛花火もあり、これは「観覧席」からしか観ることができません!

『音楽とシンクロする花火を見てほしい』という主催者サイドの思いで全席有料となっている観覧席ですが、「プレミアム席」は好評につき既に完売。

しかしこの度、新たに「ビーチプレミアム席」の追加販売が決定しました!

「ビーチプレミアム席」は、全席指定で5,000円。場所取りの必要がないのは勿論、椅子に座ってゆったりと花火を楽しめます。

百道浜エリアに位置しているため、正面から花火の全貌と音楽をたのしむことができる「特等席」です。

「シーサイドももち 花火ファンタジアFUKUOKA」、ぜひ『ちょっと贅沢』に楽しんでみてください!

※情報は2017.6.18時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ