「世界遺産・沖ノ島」をもっと知ろう!福岡県立図書館で地方史研究協議大会 [6/23]

福岡県立図書館で6月23日(土)13:0~16:00、第52回福岡県地方史研究協議大会が開催されます。今年度の大会のテーマは「世界遺産・沖ノ島」。このテーマに関してそれぞれに造詣が深い3名が講演を行います。ぜひお楽しみください。

第52回 福岡県地方史研究協議大会 <福史連創立50周年記念>

世界遺産・沖ノ島

講演

◆古代宗像氏と沖ノ島祭祀

大高 広和 氏 (福岡県文化振興課世界遺産室 宗像・沖ノ島遺産係 主任技師)
古代律令制下の宗像郡は、その支配者である宗像氏と彼らが祭った宗像三女神に対する特段の配慮から、全国に八つしかなく、西海道では唯一の「神郡」とされました。その範囲から窺われる宗像氏の勢力の広がりと、その淵源である沖ノ島祭祀との関わりについて考察します。

◆世界文化遺産「宗像大社」の歴史と由緒

葦津 幹之 氏 (宗像大社権宮司)
古代日本、国家安泰と交流の成就を願い、大和朝廷が篤い信仰を捧げた宗像大社の信仰の根源について解説します。

◆「神宿る島」宗像・沖ノ島と神社・古墳

西谷 正 氏 (海の道むなかた館長)
沖ノ島における古代祭祀は、やがて巨岩周辺での自然崇拝から小祠での祭祀へと変遷します。古代祭祀を実際に斎行したのは、古代豪族・宗像君らでした。彼らは宗像地域に多数の古墳群を残しました。これらの遺跡・神社・古墳を統一的に考えてみたいと思います。

期日
6月23日(土)13:00~16:00 ※受付開始12:30

会場
福岡県立図書館レクチャールーム(福岡市東区箱崎1-41-12)

定員
150名(要事前申し込み)

氏名・電話・FAX番号・所属を明記し、タイトルを「地方史大会申込」として、

FAX:092-641-1127

メール:kyodo-reference@lib.pref.fukuoka.jp

郵送:〒812-8651 福岡市東区箱崎1丁目41-12 福岡県立図書館 郷土資料課 地方史大会申込 宛

でお申し込みください。

参加費
無料

福岡県立図書館 郷土資料課
電話:092-641-1126

※同日開催※

◆福史連主催 第13回地方史フェア

会場前のロビーでパネル展示、加盟団体の刊行物販売を行います。

※情報は2018.5.26時点のものです

福岡県立図書館

住所福岡市東区箱崎1-41-12
TEL092-641-1123
FAX092-641-1127
URLhttp://www2.lib.pref.fukuoka.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ