伊東尾四郎と福岡県地方史 福岡県立図書館で講演会 [6/24]

福岡県立図書館で6月24日(土)13;00~16:00、第51回福岡県地方史研究協議大会「伊東尾四郎と福岡県地方史」が開催されます。このテーマに関してそれぞれに造詣が深い2人の研究者が講演を行います。ぜひお楽しみください。

伊東尾四郎と福岡県地方史

講演

◆伊東先生の処女作は『京都郡誌』

講師:山内 公二 氏(美夜古郷土史学校事務局長)

『福岡県史資料』(全10巻)をはじめ、福岡県下の多くの市史、郡史を編纂された伊東尾四郎先生の処女作は『京都郡誌』でした。市史編纂掛に就職されましたが、病気のために帰省され、豊津中学校教師となられたのが、『京都郡誌』を編纂されるきっかけとなりました。

◆伊東尾四郎の生涯と自治体史編纂

講師:草野 真樹 氏(九州産業大学商学部講師)

伊東尾四郎は、『福岡県史資料』『福岡県史料叢書』ほか県内各地の自治体史を編纂した歴史家でした。本報告では、伊東の生涯を詳しく紹介しながら、どのような考えや思いから自治体史編纂を進め、後世に記録として伝えようとしたのか考えます。

期日

平成29年6月24日(土)13:00~16:00 ※受付開始12:30

会場

福岡県立図書館レクチャールーム(福岡市東区箱崎1-41-12)

定員

130名(要事前申し込み)

氏名・電話・FAX番号・所属を明記し、タイトルを「地方史大会申込」として、

FAX:092-641-1127

メール:kyodo-reference@lib.pref.fukuoka.jp

でお申し込みください。

詳しくはこちら

参加費

無料

※同日開催※

◆福史連主催 第12回地方史フェア

会場前のロビーでパネル展示、加盟団体の刊行物販売を行います。

※情報は2017.6.18時点のものです

福岡県立図書館

住所福岡市東区箱崎1-41-12
TEL092-641-1123
FAX092-641-1127
URLhttp://www2.lib.pref.fukuoka.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ