福岡で映画「君の膵臓をたべたい」(7/28公開)のロケ地を巡ろう!

7月28日公開の映画「君の膵臓をたべたい」は福岡でも撮影されています。 あなたも映画を見て、「桜良(浜辺美波)」と「僕(北村匠海)」が 訪れた場所を巡ってみては?

君の膵臓をたべたい《7月28日(金) 全国ロードショー》

高校生の「僕」(北村匠海)は、膵臓の病を患うクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の日記を偶然見つける。残された日々を懸命に生きる彼女と一緒に時間を過ごすうちに、少しずつ心を開く「僕」。12年後、桜良の親友だった恭子(北川景子)と大人になった「僕」(小栗旬)が再会。桜良の伝えたかった想いを知ることになる。

監督/月川翔

原作/住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)

出演/ 浜辺美波 北村匠海/北川景子 小栗旬

(c)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (c)住野よる/双葉社


[1]「桜良」と「僕」が二人で向かった先は?

映画の中で、「桜良」と「僕」が身近な人の幸せと健康を祈っていたのは、太宰府天満宮。お祀りされている菅原道真公が学業に優れた人だったことから、学問の神様としても知られています。受験シーズンともなると、日本中から多くの人が足を運びます。撮影は、参拝客の少ない早朝から行われました。参道では、映画に登場した、名物梅ケ枝餅も食べ逃しなく!

☆太宰府観光列車 旅人で映画ロケ地 太宰府に行こう!《プレゼントキャンペーン》

■応募期間

7月1日(土)〜8月31日(木)

■応募方法

[1]観光列車「旅人」に乗って、1号車と6号車に掲出されているキーワードをチェック

[2]西鉄太宰府駅の改札内に設置しているポスターのQRコードを読み込んで、応募フォームに[1]の『キーワード』と必要事項を入力の上、応募

■プレゼント

浜辺美波・北村匠海サイン入り パンフレット(非売品)…3名

「君の膵臓をたべたい」原作本(双葉文庫)…15名 ほか

太宰府天満宮

太宰府市宰府4-7-1

 

[2]「桜良」と「僕」が博多名物に舌鼓を打ったのは?

二人が訪れた屋台は、筥崎宮のほど近くで店を構えて65年の「花山」。撮影は、近くの馬出御所ノ内公園へ移動して行われたのだそう。ストーリーのキーワードと関連して登場した「モツ焼き」は、お店では「しろ」と呼ばれる豚のホルモン。手間暇かけて仕込んだ一番人気のメニューで、一人5本くらいはぺろり!と食べられます。

屋台「花山」

福岡市東区馬出5-19-10(筥崎宮近く)

17:00〜翌1:00、12:00〜翌1:00(日)、月曜休

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ