大自然をウォーキングと名物高島ちくわ作り 1日限定 島を丸ごと楽しめるツアー

7月22日(土)に開催されるのは、大自然を満喫できる佐世保 九十九島の1つ“高島”へのツアー。

高島は、佐世保市相浦港からフェリーで20分。人口200人の小さな漁師町です。

絶景の高島番岳をハイキング、地元のお魚をふんだんに使った漁師めしのお昼ご飯に名物の「高島ちくわ」作りと1日で盛りだくさん。

佐世保の観光を知り尽くしたメンバーがプランニングした佐世保観光コンベンション協会主催の初開催のツアーをご紹介します。

ツアーのはじまりは高島番岳(標高120m、往復3㎞)へ登ります。

番岳からは、平戸や五島列島を近くに望むことができます。

気持ちよく歩いてお腹が空いた後は、ランチの時間です。地元の魚介類を使った漁師めしをいただきます。

大満足間違いなしのランチの後、またまた食の体験。

高島名物「高島ちくわ」作りを漁師さんと一緒に。近海で獲れた「エソ」を使って1本1本手焼きに。インパクトのある大きなちくわは食べごたえがあります。焼きたてはふんわりモチモチで、味も香りも抜群です。

午後には遊漁船での島内1周もついて、まさに1日限定の島を丸ごと楽しめる、味わい尽くすツアーです。

佐世保旅のオプションとしても最適なこの1日限定高島ツアー。

この夏の島旅デビューに良さそうです。

(Marilyn Yoshida)

主催 (公財)佐世保観光コンベンション協会

お申込み 佐世保観光情報センター

電話 0956-22-6630

ツアーの詳細は  https://www.sasebo99.com/tour/?action=view&id=202

佐世保の観光情報、他ツアーの情報は

佐世保観光サイト:http://www.sasebo99.com/

フェイスブックhttps://www.facebook.com/sasebo.kanko/

※情報は2017.6.28時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ