国内外のプロ・アマ・学生らが集う「福岡インディペンデント映画祭」

映像作品上映を通じて、国内・海外のプロ・アマ・学生が交流できる映画祭「福岡インディペンデント映画祭2017」が9月7日(木)〜10日(日)、福岡アジア美術館で開催されます。

9回目となる今回は、これまでの受賞監督による特集上映と招待作品上映、映像の世界をもっと深く知ることができるゲストによるトークイベントなど、盛りだくさんの内容となっています。

今年もたくさんの映画とたくさんの人に出会い、映像の楽しさと、映像制作をもっと身近に感じられる4日間をお楽しみください!

福岡インディペンデント映画祭2017のみどころ

【1】過去受賞作品の招待上映

【2】アニメ制作会社スタジオコロリド取締役・宇田英男氏による「アニメーションの今」を語る特別講義と「陽なたのアオシグレ」他短編作品上映

【3】鳥居みゆき主演「時々巡りエブリディ」招待上映/FIDFF2014グランプリ受賞 塩出大志監督の劇場映画

(c)GMC&IITSU

(c)GMC&IITSU

【4】岡山天音・武田玲奈主演「ポエトリーエンジェル」招待上映/FIDFF2014準グランプリ受賞 飯塚俊光監督の劇場映画

(c)2017 田辺・弁慶映画祭 第10回記念映画プロジェクト

(c)2017 田辺・弁慶映画祭 第10回記念映画プロジェクト

【5】映画をはじめたい人の為の3つのトークイベント

●「海外映画祭の実情」末長監督

●「俳優の為の映像演出の世界」井上監督

●「ドラマと映画の現場を女性監督の視点から」湯浅監督

【6】先端表現の実験アニメ「アニメーションパレットSELECT & PLUS」招待上映

【7】不登校の男の子を追ったドキュメンタリー/「ぼくの、メリット」招待上映・武藤監督によるトーク

【8】小学生監督×中学生監督×大学生監督×プロ監督による作品上映と対談

【9】九州大学学生 田平一真監督作品「MOBOMOGA」の招待上映とトーク

【10】交流9年目となる韓国・釜山独立映画協会から招待作品上映

【11】インターシティ映画祭(韓国・釜山)において釜山で滞在制作された福岡在住の神保慶政監督の「憧れ」を初上映

【12】NDJC:若手映画作家育成プロジェクトより6作品を招待上映

「SENIOR MAN」(c)2017 VIPO

「SENIOR MAN」(c)2017 VIPO

「白T」(c)2017 VIPO

「白T」(c)2017 VIPO

「パンクしそうだ」(c)2017 VIPO

「パンクしそうだ」(c)2017 VIPO

「戦場へ、インターン」(c)2017 VIPO

「戦場へ、インターン」(c)2017 VIPO

「ジョニーの休日」(c)2017 VIPO

「ジョニーの休日」(c)2017 VIPO

「チキンズダイナマイト」(c)2015 VIPO

「チキンズダイナマイト」(c)2015 VIPO

 

福岡インディペンデント映画祭2017

■日時

9月7日(木)~9月10日(日) 10:00~21:30 ※入場は19:30まで

※8月3日(木)プレイベント

■場所

福岡アジア美術館8F あじびホール(福岡市博多区下川端町3-1)

■料金

1日券: 1000円(替玉付)/フリーパス2000円

※1日券は別日も1回入場できる「替玉」券付

※高校生以下無料

※大学生・専門学校生半額

■お問い合わせ

福岡インディペンデント映画祭実行委員会 事務局

TEL.092-741-4505

FAX.092-713-5852

ホームページはこちら

 

※情報は2017.7.31時点のものです

福岡インディペンデント映画祭2017

住所福岡市博多区下川端町3-1
TEL092-741-4505
FAX092-713-5852
URLhttp://www.fidff.com

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ