劇作家・北村想の「ザ・シェルター」にゲキダン大河が挑む[9/8~10]

岸田國士戯曲賞・紀伊國屋演劇賞・鶴屋南北戯曲賞などの数々の演劇賞を受賞し、現代日本を代表する劇作家・北村想が手掛けた戯曲「ザ・シェルター」。

核戦争と家族をテーマに描かれたその作品に、今回、福岡を拠点に活動する劇団「ゲキダン大河」が挑みます。

初演から30年の時を経て上演される渾身の舞台。ぜひ劇場でそのシュールな世界観に触れてください!

■日時:2017年9月8日(金)~10日(日)

■場所:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)

■チケット:前売1800円 当日2000円 学生1500円(前売・当日同額)

■公演スケジュール(開場は開演の30分前)

9月8日(金)  19:00

9月9日(土)  14:00/19:00

9月10日(日) 13:00/17:00 

■チケット予約・問い合わせ先

090-1160-4144 (大平)

gekidan-taiga@ezweb.ne.jp

※こちらのチケットフォームからも購入できます

https://www.quartet-online.net/ticket/the-shelter

☆「ザ・シェルター」について

作:北村想

演出:佐藤順一(演戯集団ばぁくう)

あらすじ

近未来の核戦争に備え開発された一機の核シェルターの居住実験に大抜擢されたひと組の家族。

果たして三日間の実験期間を無事に全うすることができるのだろうか?

センタ、サトコ、カノ、センジューローそれぞれの胸中に去来するものは如何に?

出演者

センタ:角 直人  サトコ:大平 裕子 カノ:八瀬林 舞奈 センジューロー:松尾 秀昭

☆「ゲキダン大河」について

2008年、市民ミュージカルをきっかけに集まった有志により結成。

登場人物の生い立ちや生活を掘り下げて考えることを大切に芝居に挑み、「社会人や学生でも真剣に芝居に向き合えば舞台に立つことができる!」ことを証明したい想いで活動している。

今年7月で結成10年目を迎えた本公演は、前回公演に引き続き、演戯集団ばぁくう代表・佐藤順一の演出で、劇作家・北村想の戯曲に挑む。

☆ゲキダン大河のブログサイト

https://ameblo.jp/gekidan-taiga/

※情報は2017.8.23時点のものです

ぽんプラザホール

住所福岡市博多区祇園町8番3号
URLhttp://www.pomplazahall.jp/

AKASAKA BOY

謎のライター

1978年福岡市赤坂生まれ。福岡の街の魅力を小説形式で発信中☆

関連タグ

この記事もおすすめ