映画のデジタル修復や保存を知るワークショップ開催!福岡市総合図書館

映画のデジタル修復や保存をテーマとしたワークショップ「レストレーション・アジア・ワークショップ」が9月24日(日)13時~18時(予定)、福岡市早良区百道浜の福岡市総合図書館で開催されます。

ワークショップでは、専門家たちがアジア映画保存のために行っているさまざまな事例と対策を紹介。昭和6年、池田富保監督によるサイレント映画“殉教血史 日本二十六聖人”(イタリア語字幕版、日本語通訳付)も修復版初上映されます。サイレント映画ピアニストの柳下美恵さんの素晴らしいピアノの音色とともにご堪能ください。

そのほか、アジア映画修復プロジェクトの事例や現存するフィルムの保存に向けた新たな取り組みも紹介されます。司会は映画研究者のエイドリアン・ウッド氏。ぜひお楽しみください。

参加費は当日1,500円、学生当日1,000円、障がい者・高齢者・わの会1,000円。問い合わせは福岡市総合図書館:092-852-0600。

※23日(土)も関連イベントが開催されます。詳しくはこちらをチェック!

※情報は2017.9.19時点のものです

福岡市総合図書館

住所福岡市早良区百道浜3-7-1
TEL092-852-0600
URLhttp://toshokan.city.fukuoka.lg.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ