働くお母さんが、保育園ではなく幼稚園を選択する話

共働き世帯が当たり前になり、保育園の需要はさらに高まっている昨今。一方で、働きながらも保育園ではなく、幼稚園にお子さんを入れる選択肢を選ぶお母さんも。
私が保活で大苦戦した末、最終的に幼稚園を選んだ体験についてお話しします。

転勤が決まった自治体は保育園激戦区

長男が4歳、次男が1歳の時に夫の転勤が決まり、いわゆる保育園激戦区の自治体に引っ越しました。転入後すぐに役所へ出向き、保活を始めましたが、「途中転入はまず無理。来年度4月入園でも難しいかもしれません」と言われガッカリ。

保育園に入園できるかどうかは、「保育所利用調整指数」いわゆる「点数」によって決まります。わたしが住んでいた地域の自治体では戸外勤務と在宅勤務で1点の差があります。私は在宅勤務の為、この1点で、満点の人に負けてしまうのです。「認可園だけでなく認可外保育園や、幼稚園も検討した方が良い」と言われ、とりあえず近隣の保育園の見学を始めました。

希望の園に必ず入れるわけではない…

毎日色々な保育園へ見学に行きました。家に近い保育園は園庭がなかったり、園庭がある所は家から遠かったり、「この先生が良い!」と思った所は3歳までの小規模園で長男が入れない、など、なかなか園の絞り込みができません。とはいえ、保育園激戦区では見学して志望の園を書いても、必ずしも第一志望の園に入れるわけではありません。

引っ越しをしてから1か月がたち、毎日兄弟だけで過ごす日々。せめて長男だけでもどこかの園に入れてあげたいと思いとりあえず、近隣にある幼稚園を探してみました。学区内の子供もたくさん通っている、園バスが走っているのをよく見かける幼稚園へ見学の予約を入れました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ