寝起きの旦那の口臭がまるでドブ…!気持ちよく口臭対策をさせる秘訣とは

AntonioGuillem/iStock/Thinkstock

まず、口臭を自覚させることが第一歩です。

「口がドブみたいに臭いよ!」ではなく「最近、疲れている?胃腸の調子が悪い?」と、健康を気遣うように声をかけてみます。

もし旦那が「健康だよ」と答えたら、「最近、あなたの息がちょっと・・・胃腸を悪くしているんじゃないかと、心配で心配で・・・こうやって息をチェックしてみて」と心配してみせます。

健康を気遣われて、「うるさい!」と怒る人はいません。

実際、旦那も「そうかな?やってみるわ」と素直に応じました。

口元を手で覆い、息を吐き出して、口臭を鼻から吸わせてみます。旦那は「うわっ・・・なんか臭い・・・」と、ようやく自分の口臭を自覚しました。

続いて「体調が悪くないなら、歯かな?歯磨きをしたら、ちょっと変わるかもしれない。歯磨きをしてみて」と頼んでみます。

そして歯磨きをした後に、再度、息をチェック。私も鼻先に、ハァッと息を吐き出してもらい、嗅いでみました。

やはり臭い・・・。

ここでからかったり、臭い表情をみせてはいけません。
あくまでも、旦那の健康を心配しているポーズが大事です。

「歯磨きで多少ニオイは減っているけれど、まだ臭うね。歯間ブラシと舌苔をとるブラシを使ってみようか。これで臭わなくなったら、胃腸じゃなく口内の不調ということだから」と手渡します。

歯間の掃除には、歯間ブラシとデンタルフロス(糸)どちらでも構いません。

歯と歯の隙間が大きな方は、歯間ブラシを、隙間が狭い方はデンタルフロスをお使いください。
どちらも歯の側面にそうように、ブラシや糸を動かし、歯ブラシでは取り切れなかった歯垢をとっていきます。

AndreyPopov/iStock/Thinkstock

舌苔とは、舌の表面に白く付着している汚れのこと。

舌を出して、鏡に映してみてください。案外、毎日歯磨きをしても、舌が汚れたままで、口臭の原因になっていることも多いと言います。

舌苔は、専用のブラシでそっと優しく、舌をこすると汚れがとれます。

ここまでやって、再び、息を嗅いでもらいます。

旦那の場合は、ドブ臭が一気にクリーンに!これなら、喜んでキスできます。

「わぁ!全然臭くないね!良かった!胃腸が悪いわけじゃなく、歯磨きで汚れを落としきれていなかったんだね」と喜んでみせれば、「口が臭いのかな・・・」と不安になっている旦那の気持ちもほぐれることでしょう。

さらに旦那の場合、朝食をきちんと食べず、健康のために飲んでいた黒酢や果実酢も、胃を荒らしていたようで、一時的に酢を飲むことをやめてもらいました。

ここまでやれば、ほとんどの口臭は対策できます。

旦那はもちろん、自分の口臭も気になる方は、ぜひお試しあれ!

2 / 2

※情報は2017.10.30時点のものです

tsukuko

やんちゃな3歳男児と、おしゃまな5歳女児のママ。幼稚園、保育園、ご近所のママコミュニティを回遊中。

この記事もおすすめ