ママ友の愛読書がBLだと判明。本当にあったスッピン珍事

女性が妙齢を過ぎて、ある程度の年齢になると、「化粧は、最低限の身だしなみ!スッピンはマナー違反」だと言われます。

実際、私の友人は、スッピンで出社して「社会人として、化粧くらいしなさい」と上司に注意されたことがあるそうです。

筆者自身、出産前は、スッピンで出歩くなんてもってのほか。近所のコンビニに行く時ですら、薄化粧をしていたのですが、産後、スッピンへのハードルがグーンと下がりました。

近所のスーパーや病院は、もちろんスッピンでお出かけ。先日は、電車に乗り込み、窓にうつった自分の姿を見て「あ!スッピンだった!」と気づいたほど、化粧から縁遠くなっていました。

このまま、スッピン街道を邁進(まいしん)するのかと、自分でも思っていたのですが、ブレーキをかける出来事が起きたのです。

tarasov_vl/iStock/Thinkstock

時間は21時過ぎ。

お風呂上がりのスッピンに、コンタクトも外して眼鏡をかけ、そしてギリギリ外に着ていける程度の部屋着・・・。以前であれば、そんな格好で外出することは、自意識が許さなかったでしょう。

ところが、産後スッピンへのハードルが下がりきっていた筆者は、「誰に会うわけでもないし、いいか」と、そんな酷い姿で出かけてしまったのです。

行き先は、近所のレンタルビデオ屋です。

お目当ては、DVDやCDではなく、レンタルコミックス。

その店舗では、10冊以上借りると半額になるお得なキャンペーンがあり、漫画好きな筆者は、まとめ借りをしようと目論んでいました。

一冊、一冊選び、なんと12冊もの漫画を抱え、セルフレジに向かいました。

ピ・・・ピ・・・バーコードを読み込んでいると、隣のレジに、子供連れの女性が来ました。

「こんな時間に子供?うちの子は、もう旦那と一緒に寝てるわ〜」

少し非難する眼差しで、チラッと隣のレジに目をやりました。

すると、女性の足下に座り込んだ男の子が、こちらをジッと見ているではありませんか。見覚えのある顔です。記憶力をフル回転させて、ようやく思い出しました。

それは、娘と同じ幼稚園のクラスメイトだったのです。幼稚園で何度か顔を合わせていましたが、こちらはスッピン+眼鏡姿。まだ男の子は、私の正体が分からないようです。

男の子からママの方へ、ソッと視線を視線を動かし、ママの顔も確認。

普段はこぎれいな格好をしているママですが、その時は、スッピンにひっつめ髪、部屋着らしきスウェットを着ていて、私にも負けず劣らぬひどい格好!(苦笑)

しかも、彼女もまた沢山の漫画と戦隊モノのDVDをレジ台に乗せて、バーコードを読み込もうとしているところでした。

見るつもりはありませんでしたが、漫画の表紙が何冊か見えてしまいました。

男の人達が絡み合う濃厚な表紙・・・

これは・・・

BL(ボーイズラブ)漫画じゃないですか・・・!!

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ