幼稚園バザーの裏側 売れそうもない手編みのセーターを持ち込む保護者に困惑

バザーで大人気のハンドメイド雑貨。しかし、なかには、売れそうもない品物を持ち込む人も。「食品以外はOK」というルールが、物議をかもしています。

David Sacks/iStock/Thinkstock

園ママ作のおしゃれでかわいいハンドメイド雑貨がプチプラでゲットできる幼稚園バザー。

特に、園で使えるループ付きタオルや巾着などは、毎年取り合いになるほど大人気です。

バザーに出品するハンドメイド品は、食品以外なら全てOK。

バスソルトやアクリルたわしなど、バラエティー豊かな品々が集まります。

ところが、なかには扱いに困る品物が持ち込まれることも・・・。

使用済みペットボトルを使った手作りおもちゃや、手編みのセーターなどがその一例。

買い手が見つかりそうにないものと、バザーでは高すぎる品物(値段は出品者が決めていいルールです)は、役員の頭を悩ませています。

集まった品々は、まずカテゴリー別に分類されます。

出品エリアは限られているので、バランス良く並べるのはもちろんのこと、類似品を求められた時に対応をしやすくするためです。

ここから、売れそうもない、売りにくい商品をどうするかの話し合いが始まります。


役員は、バザーの時間内に商品をさばききらなければいけません。

救いの一手は、役員のみに許されている「値下げ」の権限。

万が一、時間内に売れ残りそうな場合は、たたき売らない範囲で値段を調整していいことにはなっています。

とは言え、作者が同じ園のママともなれば、そう易々と価格を下げるなんてできないもの。

売れない理由を作者本人に理解してもらうよう、役員の手腕が問われます。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ