初めての視力検査。3歳児の自由な回答に思わず吹いた!

視力検査と言えば、輪の一箇所が切れた「ランドルト環」を使い、切れ目の方向を指で示す方法が良く知られています。でも、小児に対しては、代わりに絵が描いてあるカードを見せて検査を行うこともあるようです。先日、始めて絵カードによる視力検査を受けた次男。全力で検査に取り組んだ結果はいかに?

Thinkstock Images/Stockbyte/Thinkstock

Thinkstock Images/Stockbyte/Thinkstock

3歳になるわが家の次男は、先日、初めての視力検査を受けました。

視力検査と言えば、輪の一箇所が切れた「ランドルト環」の切れ目の方向を指で示す方法が一般的。
ですが、このやり方は3歳の次男にとってはまだちょっと難しすぎます。

「ちょっと待っててね」

そう言うと、検査を担当してくれた技士さんは、小さい子どもの視力検査用のカードを持ってきてくれました。

「これ、何か分かる?」

技士さんの手には、何枚ものカードがあり、そこにはシルエットでイラストが描かれていました。

次男はカードを見ながら、「鳥」「ちょうちょ」などと、順調に答えていきます。

「よーし!じゃあ、今度は遠くでこのカードを見せるから、同じように答えてね!」

技士さんはカードを持ったまま、ずんずんと後ろに離れていきます。

次男が受けた検査は、およそ3m離して提示された絵カードを見せ、カードに描かれたものの名前を当てるというものでした。
カードの絵は徐々に小さくなっていき、絵をどこまで判別できたかによっておおよその視力を測定するのです。

まずはシルエットが大きく描かれたカードから検査を開始。

「これは?」
「おっきい蝶」

「じゃあこれは?」
「普通のお魚」

本来、大きさは答える必要はないのですが、丁寧に一つずつ答えていく次男。

「ちっちゃいお魚」
「あははー、大きさまできちんと教えてくれてありがとうね~!」

私も技士さんも思わず笑顔。

たまたま隣で検査の順番を待っていた年配の女性も、「おりこうね~」とニコニコしています。

「じゃあ、これはどうかな?」

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ