「幼稚園?保育所?どうする?…」その3~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#19

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。

とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

前回の続き…

保育所と幼稚園の違いや保育所の問題などを含め…

さて…私の家族はどうするのか??

 

今のところ…

奥様の仕事関係において、やはり育休は1年です。

ということは来年の1月には職場へと復帰となります。

 

私も今のところ、そのまま仕事となります。

 

ということは共働き!!

ということは保育所となります。

 

しかしながら…

この前、行政に尋ねに行った所、これといって都会でないのですが…現時点においても市内の保育所の半分が既に定員がいっぱいとのこと><半年先のことですが、既にもう狭き門となり、選択肢が少なくなっています。

おっと…既に入口狭いけど…きっと通れる…はず。。。

おっと…既に入口狭いけど…きっと通れる…はず。。。

もう仕事へ行く途中のとこや、保育方針がなんとや、この保育所はこれに力を入れているからなどなど…私たち親の都合というか、便利が良いとかでは選択はできない状態であります><特に0歳や1歳は預けたい人も多いので、非常に厳しいです。

 

結構、待機児童やこういう問題は「大都市だから」って思いがちですが…

そんな大都市じゃなくても、子どもが少ない町や市でも起こりうること。

そう…子どもが少ないということは、保育所・幼稚園も少ないとなりますので。

 

すべてにおいて…

なんとも困った悪循環が、この国の子育て環境には吹いています><

もうこれ以上…悪い風になりませんように…。

もうこれ以上…悪い風になりませんように…。

子育て世代の方もそうだし、そうでない人、これからそうなっていく若者などなど…

これからを担っていく子どもたちの為に…本当に考えて行かないといけないことが山積みです。一緒に考えていきましょ!!

 

で…また話は脱線しましたが(笑)

 

私のとこはどうするのかって??

それこそ奥様や行政、そして実家などと一緒に考えていきます。

 

幸い…私の方の実家が近くにありますし協力的なので…

その辺は非常に助かっています。

 

そもそも子どもが0歳や1歳時点からの集団生活においては…

良さも悪さも感じてきています。どちらかといえば1人1人のペースに合わせてゆっくりとした方がいいのでは??とも思っています。(どうせ先々、集団生活をしていくので)

 

まっその辺はまたおいおい(笑)

 

とにかく子どもの為に、どうするのか?

しっかりと考えていくのが親の責任でもあり役目です。

 

そりゃ~深い悩みになったり、社会状況とかもありますが…

それをしっかりと理解した上で、何が子どもの為になるのかを考えていこうと思います。

ほんとに子どもの為に、私たちすべてがしっかりと考えていく未来へ。

ほんとに子どもの為に、私たちすべてがしっかりと考えていく未来へ。

3週に渡りましたが、今回の話はここまで。

 

ご清聴ありがとうございました。一緒に考えていきましょ!!

 

→#20 「祝生誕半年!赤ちゃんってどこまで育つの?」その1に続く。

 【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.7.22時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)現在32歳、今年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ