見つかっちゃった!我が家のサンタクロース 息子の反応にほっこり

クリスマスはサンタの訪問を楽しみにしている子供たちのために、パパサンタやママサンタが奮闘する季節。子供の成長と共にいつかばれるサンタの正体、我が家にその日が来ました。なぜサンタの正体がばれたのか、その後の子供の反応は・・・?

DylanEllis/DigitalVision/Thinkstock

DylanEllis/DigitalVision/Thinkstock

プレゼント手配から当日のセットまで、我が家では夫サンタが活躍しています。

毎年クリスマスが近づくと、サンタ担当である夫が行動開始。

我が家の2人兄弟に欲しい物をそれとなく聞き出し、おもちゃを手に入れクリスマス当日まで家の中に隠し、イブの夜、子供たちが寝静まった後にこっそりプレゼントを用意します。

家族4人で寝ている寝室は狭いので、我が家のプレゼントはリビングに置いていますが、夫サンタはプレゼントだけでなく毎年手紙も添えています。

長男には「いつも弟をかわいがってくれてありがとう、いい子にしていたので今年もプレゼントをあげます」、次男には「また大きくなったね、お兄ちゃんと仲良くね」のような内容です。

我が家の夫は激務のため、平日は子供たちが起きている時間に帰宅できず、土日も出勤してしまう事も。

夫は自分が使える限られた時間の中でも子供たちが喜んでくれるようにと、毎年サンタの役割を担い、プレゼントと手紙を用意していました。

 

長男が5歳、次男が2歳の時のクリスマス。ついに長男にサンタの正体が夫である事がばれました。

5歳のクリスマスの朝。リビングに用意してあったプレゼントを見て長男も次男も大喜び。

プレゼントの側には恒例の夫サンタからの手紙があります。

長男は添えてあった自分あての手紙を読み、次男あての手紙をまだ字の読めない次男に読んであげました。

そのまま欲しかったおもちゃで遊ぶ・・・と思ったら長男から意外な一言。

「お母さん、サンタってお父さんだよね?」

その後、手紙を広げて私に見せて

「これ、お父さんの字だよ?」

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ