遅生まれ長男、早生まれ次男を育てた母が感じたメリット・デメリット

1月~4月1日の「早生まれ」に該当する子供は、同学年の子供たちよりも生まれが遅いことによるメリット、デメリットがあります。今回は4月遅生まれ長男、1月早生まれ次男を育てながら、また自分自身も早生まれである私が感じた早生まれのメリット・デメリットについて考えてみました。

Jupiterimages/Creatas/Thinkstock

Jupiterimages/Creatas/Thinkstock

私が感じた早生まれのメリットは3つ

1つ目のメリットは、早く手が離れて母としては楽なことです。

長男の時は幼稚園入園前年度がとにかく長く感じ、毎日何をして過ごすか悩んでいました。

また、児童館などで出会った長男と月齢の近い他のお友達は皆早生まれで、1つ上の学年でした。他のお友達が幼稚園に通い出した様子を見て長男は「何で僕だけ幼稚園行けないの?」と泣き出す始末。

結局、翌年の年少入園を待たずに3歳半で満三歳児入園をさせました。

一方で次男は3歳3か月で年少入園。「えっもう幼稚園!?」と拍子抜けしました。早生まれは3歳になったらすぐ入園ですので、母としては正直早く手が離れて助かりました。

 

2つ目のメリットは、発育が遅くてもあまり気にならないことです。

ハイハイする、歩く、話し始める、トイレができる・・・、子供の発育の一長一短に母親はやきもきしがちです。

私も遅生まれ長男が他の子よりも発育が遅れていると、焦ってしまったこともありました。けれども早生まれの次男の発育が周りに比べて遅くても、「早生まれだから仕方ない!」とどっしり構えていられました。

 

最後のメリットは、早くから集団に入れることです。

早生まれは同学年に比べてできないことも多いです。

その分、早くから集団に入れるので周りに感化され、結果発育が促されるきっかけにもなると感じました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ