「ママなんて一生会いたくない!」子供からのショックな言葉に隠された可愛いすぎる本音

子育てをしていると、子供とぶつかり合い「ママなんて嫌い」と言われてしまうことがあります。
そんな時、貴方ならどう対応しますか?
「嫌いで結構!」と強気に出る?
「嫌いなんて言わないの」とたしなめてみる?
たわいもないやりとりの中で、キュンとする出来事がありました。

shalunts/iStock/Thinkstock

shalunts/iStock/Thinkstock

友人は、腕白な6歳の息子(以下A君)を育児中のママ。先日、友人が子連れで、遊びに来た時、我が家の娘(4歳)とA君がおもちゃを巡って、奪いあいになりました。そもそも、そのおもちゃは、A君が持ってきたもの。目新しいおもちゃを貸して貰おうと、娘が勝手に遊びはじめたのが、喧嘩のきっかけでした。

友人は、喧嘩のきっかけよりも、息子が自分より年下の子からおもちゃを奪い返そうと、押しのけて、娘が尻餅をついて泣き出したことに腹を立てているようでした。

「こら!喧嘩しない!お友達に貸してあげられないなら、おもちゃを持ってきたりしない!」と厳しく雷を落とします。

A君は、おもちゃを奪われた側だったので、怒られたことに納得がいかず、不満顔。

「でも…!だって…!」と食ってかかりました。

「言い訳しない!娘ちゃんは、A君よりも年下なのに、喧嘩したり、手を出したら駄目でしょう!」と、A君の言い分に耳を傾けることはありませんでした。

納得できないA君は、泣き出しそうになるのを必死で堪えているのか、顔が真っ赤になっています。グッと唇を噛みしめて、友人を睨み付けると「ママなんて大嫌いだ!なんでそんなに僕のことだけを怒るの?ママなんて一生会いたくない!」と言い放ち、ポロリと涙がこぼれました。

「これはきつい…」同じ子育て中のママなので、友人の気持ちが痛いほど分かります。きっと我が子にこんな言葉を言われて、傷ついているだろうと、顔色をうかがいました。やはり、友人は内心ショックを受けて、グッと押し黙ってしまいましたが、強気の態度を崩さずに、こう切り返しました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ