これは読み聞かせたい!400万部の大ベストセラー赤ちゃん絵本にママ大絶賛!

アメリカやイギリスなど全世界でシリーズ約400万部発行の大ベストセラーとなった、レスリー・パトリセリによる赤ちゃん絵本シリーズの翻訳版の第3弾と第4弾が1月17日(水)より発売されます。バイリンガル版なので英語の勉強にも最適。これは読み聞かせたい絵本間違いなしです!

◆ねかしつけ編、『ねんねのじかん』

ばんごはんをたべて、おふろにはいったらなんの時間?それは、ねんねの時間。
育児で最も過酷といってもいいでしょう(笑)、寝かし付け。なぜにそんなにも寝ようとしないのか!?親なら必ず通る悩み事ですね。発売後、欧米でも大反響のねかしつけ絵本、待望の翻訳版の登場です!
この本なら、1日の終りに、ゴロンと横になって優しく読み聞かせてあげたくなりますね。お悩み解消の一冊となるかも!?


◆くちに入れていいもの、ダメなものが楽しくわかる!『おいしー! べーっ!』
ほんと、赤ちゃんは何でもおくちに入れたがりますよね!?おくちに入れちゃダメなものを早く理解して欲しい~って思います。
本書は、おいしいもの、まずいもの。食べていいもの、だめなものを見開きページでYummy !(おいしー!)! Yucky!(べーっ!)とリズミカルに教える赤ちゃん絵本です。
楽しくてためになる内容が大好評で、全世界で発行部数52万部を超える大ベストセラーとなっています。今回発行されるのはバイリンガル版。英単語も豊富に登場するので英語の勉強にもなりますね。

どちらも、子育て中のパパママには嬉しい絵本。お値段は(本体850円+税)。ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうですね。

レスリー・パトリセリ
絵本作家、イラストレーター。画家であった祖母の影響で、子どもの頃からイラストを描きはじめる。赤ちゃん絵本のシリーズがアメリカ、カナダ等の全世界で累計400万部の大ベストセラーとなる。アメリカ、アイダホ州の山あいの町ヘイリーに夫と3人の子どもたち、2匹の猫とウサギと暮らす。
翻訳:大浜 千尋(おおはま ちひろ) 

※情報は2018.1.15時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ