母乳育児は誰のため?追い詰められたママが自己暗示から抜け出せた瞬間!

母乳育児でなければ良い母でない!という勝手な暗示にかかってしまっていた私。第一子が生まれてまもなく、母乳量を増やすための試行錯誤が始まりました。しかし、頑張れば頑張るほど追い詰められ…。

初めての妊娠中、母乳は出るもの!と完全に思っていました。しかし思うようにいかず、退院してから母乳量を増やすための試行錯誤が始まったのです。

毎朝5時に起き、根菜類がゴロゴロ入ったみそ汁を作り、茶碗大盛り2杯の玄米を食べました。また、母乳アップ専用のハーブティを毎日4リットル飲み、体の冷えが良くないことを勉強し、徹底的に体を温めました。

しかし、子どもはなかなかお腹いっぱいになってくれず、吸い疲れて眠ってはまたすぐに目覚め、おっぱいを探すのです。

その繰り返しで、授乳間隔が30分空かない時も多々ありました。


実母からは、「可哀想だからミルクを足してあげたら」と言われていましたが、私は周りが見えていませんでした。新生児用の体重計を購入し、授乳の度に母乳量の測定を始めたのです。

1日のほとんどの時間が授乳で、肩凝りはひどく、乳首は切れ、乳頭保護具を使用しなければならないほどでした。

なかなか満足してくれない子どもに苛立ちも感じ始め、すがる思いで母乳外来へ行きました。助産師のおっぱいマッサージや指導を受け、しばらく様子を見ることに。

しかし、週に1回ひと月通っても状況は変わらず、週2回通っても母乳量は増えなかったのです。この施設までは電車で一本、1回の費用は3000円程かかりました。体力的にも金銭的にも負担は大きかったものの、結果はついてきてくれませんでした。

私は勝手に追い詰められ「母親失格だ」と、せきを切ったかのように泣き崩れました。

義母からは、「(義姉)は、ご飯や水分をいっぱい摂って、色々気にしてやってたけどねー」と、悪気のない嫌味を言われたこともあります。

ママ会では、他のママたちが授乳ケープで授乳を始める中、私は哺乳瓶と水筒を取り出します。「あ、ミルクなんだねー!大変ね」と言われ、何とも言えない思いをしたこともあります。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ