「親に頼れば?」「可愛くない!」子育て中の余計な一言ベスト3

毎日育児を頑張るお母さんの背中を撃つ周囲からの心無い一言。今日は私が二人の子供を育てている中でイラっとしたり「ほっといて欲しい!」と思ったりした余計な一言を3つまとめました。

SIphotography/iStock/Thinkstock

SIphotography/iStock/Thinkstock

「親に頼れば?」「里帰りしないの?」

私が中学生の時に実母が他界、実父も数年後再婚して疎遠となったので里帰りはせずに長男を出産しました。その後子育てサロンや支援センターで会ったママさんたちと、出産の話になると必ず言われたのが「里帰りすれば良かったのに」。

当時住んでいた街は地元出身の人も多い地域がら近くに親がいる人がほとんど。実家とあまり仲良くなくて~と軽くはぐらかすと「何で意地を張るの!親に頼ればいいじゃない!」と言われたこともあります。

その後、次男出産時長男を預ける所がなかったので自治体に相談し、私が入院中だけ児童福祉施設のショートステイを利用する段取りを取っていました。それを話すと「こんなに小さいのに施設に預けるなんてかわいそうに!里帰りすれば?」。

子供たちが成長しても、一時保育などがすべていっぱいで使えず泣く泣く自分の健康診断を受けられなかった話をすると「何で?親に来てもらえばいいのに!」。安易に「親に頼れ」と言われると、正直ほっといて欲しいと思いました。

1 / 2

この記事もおすすめ