勝手に合い鍵で自宅へ入ってくる姑を撃退した友人の知略がスゴい

お恥ずかしい話ですが、先日、鍵をなくして夜中に自宅から閉め出されてしまいました。玄関のインターフォンを鳴らしても、旦那の携帯電話にかけても応答無し。熟睡した旦那の耳には、どんな騒音も届かないのでしょう。閉め出されてから30分、深夜0時をまわり、カッカッと頭にきていた筆者はついに暴挙に出ました。
「いい加減起きろー!鍵開けなさーい!」寝室に向けて怒鳴り、旦那を叩き起こして事なきを得ました。
こんな騒動が起こると「万が一のために、親しい人に合い鍵を預けたい」と考えてしまいます。けれども友人は「合い鍵を預けてはいけない!」と大反対。その理由はなんだったのでしょう?

BrianAJackson/iStock/Thinkstock

BrianAJackson/iStock/Thinkstock

「合い鍵を預けたら、『さぁ勝手に自宅へ入って下さい』と招き入れているのも同然。親族から合い鍵を取り返すことが、どれだけ難しいか!過去に戻れるなら、姑に合い鍵を渡さなかった!そもそも、義実家のそばに家を建てなかった!」

友人のぼやきは無理もありませんでした。きっかけは、義実家から徒歩10分の場所に、新居を建てた時のこと。

姑に「何かあった時のために、合い鍵を預かるわよ」と言われ、断り切れずに鍵を渡してしまったのです。

何かあった時…それは、思いがけず、すぐに訪れました。

「スーパーにお買い得品があったから、貴方の家の分も買ってきた」
「息子と孫に食べさせてあげたいお土産があったのよ」

姑は、ちょっとした物を持参して、勝手に合い鍵で自宅へ入ってくるようになりました。その頻度は、週に1回程度。いつ来るか分からないので、部屋を散らかしっぱなしにもできず、気が休まりません。

当時、眠るのが下手な0才の育児で、朝も晩もないような生活をしていたため、姑の来襲はストレスの原因になりました。泣き疲れた子供と一緒に横になっていた時のこと。

ふと目を覚ますと、姑が枕元に立っていたのには心底びっくりしました。「息子が働いているのに、昼から惰眠をむさぼっているなんて、良い身分ね」という嫌味が、ぐさりと突き刺さりました。

「姑が突然来たら、自宅でくつろげない。困っているから、合い鍵を取り返して欲しい」

そう旦那に訴えても、「悪気はない。孫の顔を見たいだけだろう」と姑をかばうばかりで、ちっとも埒があきません。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ