大誤爆!ママ友の秘密、グループを間違えてLINEしちゃった!

今やママ友との連絡手段といえば、LINEが主流ですが、「今送ったメッセージを削除したい…」と後悔したことはありませんか?誰もが経験したことがある誤送信を、24時間以内なら取り消せる機能が、昨年末からスタートしました。さっそく取り消したいメッセージをタップすると、送信取消ボタンが出てきて、メッセージが消えました!これで誤送信の悲劇を減らせると喜んだのも束の間、よく見ると「●●さんがメッセージの送信を取り消しました」と通知が出ているのです。失敗したのがバレて、ちょっと恥ずかしいかも。
それでも、あの時に、この送信取消機能があれば…と思い出さずにはいられない、LINEの誤爆事件についてお話しましょう。

chudakov2/iStock/Thinkstock

chudakov2/iStock/Thinkstock

友人の子供(5才)が通う幼稚園では、ママ達の親睦会が多く、ママ達は和気あいあいと交流を深めていました。

さらに、クラスのママ達の9割が参加するクラスのLINEグループもあり、平日に休園日があると、そのグループで「お暇な方いたら遊びませんか?」といったメッセージや「今度のクリスマス会の相談をしましょう」等と、頻繁にやりとりをしています。(残りの1割は、LINEを利用していない為、メールで連絡を取り合います)

昨年の2月頃、同じクラスのAママと、そのお子さんのAちゃんが、急に引っ越すことになり、転園するというウワサが飛び込んできました。引っ越しの予定日は、なんと1週間後。その翌週には、子供達が3ヵ月間も練習を重ねてきた音楽会が開催されます。さらに翌月の3月には、卒園式もあります。

「せっかくAちゃんも楽器の練習を頑張ってきたのに、音楽会に出られないのは寂しいね」
「卒園式まで、あと1ヵ月でしょ。一緒に卒園できたらいいのに!」

Aママの引っ越しのウワサを聞きつけた周囲の人達は、口々に「寂しいね」と話していましたが、Aママは少し困ったようなように笑うだけで、引っ越し先や引っ越しの理由については、明かしませんでした。

その日の夜、同じクラスのママ達の中でも、特に仲の良い4人だけが参加するLINEグループでも、「AママとAちゃんがお引っ越しするのは、本当に残念だね…」という話題がやりとりされていました。

誰からともなく「送別会をしなくてもいいのかな?子供達も、Aちゃんにお別れの手紙を渡したいって言ってたし、最後にクラスみんなで集合写真を撮りたいよね」という話の流れになったのです。

「花束を用意しようか。文房具とか髪につけるリボンとか、Aちゃんにちょっとしたプレゼントを用意してもいいよね」と相談をしていたら、ピロン!と着信アラームがなりました。

先ほどから、頻繁にやりとりしている4人だけのLINEグループに、着信があったわけではありません。

幼稚園で同じクラスのママのほとんどが参加するLINEグループに、なにかメッセージが届いたようです。

「なんだろう?」と思って、クラスのLINEグループを見て、ゾッとしました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ