劇団四季「キャッツ」のステージを支える!子どものお仕事体験 MIKI・ファニット

子どもたちに仕事の厳しさや面白さを体験してもらおうと31日、キャナルシティ劇場で開催中の劇団四季「キャッツ」のステージの裏舞台をMIKI・ファニットの子どもたちが体験しました。題して「劇団四季キャッツのステージをつくる~大人の世界は厳しかばい!~」。運動を通じて体力だけでなく、「心の成長」に力を入れる同社が取り組む「キャリア教育」第1弾。華やかなステージを裏で支えるスタッフの方たちの指導を受け、子どもたちはチケットのもぎりやパンフレット配布、観客への「おもてなしの心」「仕事のやりがい」を学んだようです。

MIKI・ファニットのメンバー

MIKI・ファニットのメンバー

開場前、劇団四季のスタッフ(右)から発声法などを学びます。

開場前、劇団四季のスタッフ(右)から発声法などを学びます。

口に3本の指が入るくらい大きな声ではっきりと。

口に3本の指が入るくらい大きな声ではっきりと。

丁寧な指導に、子どもたちの眼差しも真剣です。

丁寧な指導に、子どもたちの眼差しも真剣です。

はきはき滑舌よく話すことも結構難しい…

はきはき滑舌よく話すことも結構難しい…

お辞儀の仕方も学びました。

お辞儀の仕方も学びました。

パンフレットの配布も練習

パンフレットの配布も練習

座席番号を見て客席へ移動案内する練習も。

座席番号を見て客席へ移動案内する練習も。

西日本新聞の古新聞が舞台に飾られているのにも気づかず子どもたちは熱心に練習に励んでいました。

西日本新聞の古新聞が舞台に飾られているのにも気づかず子どもたちは熱心に練習に励んでいました。

今回参加したのは、小学1年生から中学1年生の25人。短時間に多くのことを学ぶため、上級生が下級生をうまくリードしながらテキパキと仕事を学んでいきました。そして、いよいよ開場時間に…!!

入口の扉が開きました!

入口の扉が開きました!

チケットを見せてもらい、もぎっていきます。

元気よく「いらっしゃいませ」と挨拶し、パンフレットを手渡していきます。

少し緊張もしたけれど、ちゃんとできました!

少し緊張もしたけれど、お客様に喜んでもらおうと懸命に頑張ります。

慣れてきたら笑顔も出てきて手際よくパンフレット配布ができるようになりました!

慣れてきたら笑顔も出てきて手際よくパンフレット配布ができるようになりました!

チケットのもぎりはコツがあってちょっと難しい…

チケットのもぎりはコツがあってちょっと難しい…

ちゃんと確認して、丁寧にもぎります。

ちゃんと確認して、丁寧にもぎります。

うまくできてお客様の笑顔を見られると嬉しい気持ちでいっぱいに♪

うまくできてお客様の笑顔を見られると嬉しい気持ちでいっぱいに♪

慌ただしく流れる時間ですが、落ち着いた対応が求められます。

慌ただしく流れる時間ですが、落ち着いた対応が求められます。

自分たちより幼い子どもにシートクッションも提供。

自分たちより幼い子どもにシートクッションも提供。

会場案内もしっかりとできました!

会場案内もしっかりとできました!

わずか1時間のお仕事体験でしたが、プロの仕事を通して子どもたちは多くのことを学んだようです。

小学4年生の加来こころちゃんは「お客様に『いらっしゃいませ』と言ったり、初めてのことがたくさんあったからびっくりした。案内やチケットのもぎりは難しかったけれど、楽しかった」。小学2年生の内田愛音ちゃんも「お客様に笑顔で声をかけると、『ありがとうございました』と言われたことが嬉しかった」と話してくれました。

仕事体験を終えてみんなで「やったぞ~」のポーズ!いい笑顔です!

仕事体験を終えてみんなで「やったぞ~」のポーズ!いい笑顔です!

MIKI・ファニットでは、子どもの未来へ向けたキャリア教育を今後も続けていく予定。太刀山美樹代表は「キャリア教育を通じて子どもたちには生きる力を身につけてほしい。ステージに上がる人だけでなく、裏方で支えるスタッフの力の大きさを知ることが、舞台に憧れる子どもたちにとって大切な機会になったのでは」と話していました。

 

太刀山代表のコラムは毎週火曜日更新。

NAI・NAI起業のなまはげみき⇒https://fanfunfukuoka.com/tag/nainai/

※情報は2014.7.31時点のものです

キャナルシティ劇場

住所福岡市博多区住吉1-2-1 キャナルシティ博多 4F
TEL092-482-2013(劇団四季福岡オフィス)
URLhttp://www.canalcitygekijo.com/

関連タグ

この記事もおすすめ