恐怖!窓に浮かびあがる無数の手形!その正体を知ってさらに慄然!

カーテンを開けると、窓に浮かびあがる、無数の手形。
まるでホラー映画のワンシーンのようで、思わず恐怖に固まってしまった私。
その正体は多くの家庭に常備してある「アレ」だったのです。

robypangy/iStock/Thinkstock

robypangy/iStock/Thinkstock

ある冬の日の朝の出来事です。
私は、締め切りがちで籠ってしまった空気の入れ替えをしようと、リビングのカーテンを開けました。
窓からの冷気を防ぐために窓際に立てているボードも一旦撤去。
そして窓の上下のロックを解除しようと、視線を下方に落とした瞬間!

リビングの窓に、無数の白い手形が浮かんでいるのが目に入りました。

まるで、ホラー映画にでも出てくるような光景。
一瞬背筋が寒くなり、「何これ?!心霊現象?!」と固まってしまった私ですが、よくよく近づいて見ると、どうやら小さな子どもの手形のようにも見えます。
しかもペタペタと無造作につけられた手形には、妙な立体感があるのです。

私はおそるおそる、指を伸ばしてその手形に触れてみました。
触れてみると、指にはズルッとした感触が…。
なんだか、とっても嫌~な予感がします。

手形を触ってみて犯人が誰かを確信した私は、5歳と3歳の息子をその場に呼びつけました。

「これは、一体何?!」

息子たちは、「あ、これね!すごいでしょう!」となぜか誇らしげ。

長男が「見て!見て!これだよ~」と、持ってきたボトルを見て、私は「やっぱりか!」と、思わず頭を抱え込みたくなってしまいました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ