毎月の月謝は6万円超!子どもの習い事、断捨離はじめます!

皆さんのお子さんは、なにか習い事をしていますか?
幼児教育の世界でよく言われる「三つ子の魂百まで」「三歳児神話」という言葉や、早期教育に熱心なママ友の話を聞くと、「うちの子はまだ何も習い事をさせていない…。ここで後れをとったら、もう追いつけないのかしら」と不安になることもあるでしょう。
筆者の子供(5歳娘と3歳息子)が通う幼稚園は、課外活動が盛んで、幼稚園が終わった後、園内でピアノや体操、英語、リトミックなどを体験できます。習い事の送迎がいらず、便利なのですが、まだ二人とも何も習い事をしていません。というのも、こんな話を聞いたからなのです。

sakhorn38/iStock/Thinkstock

sakhorn38/iStock/Thinkstock

子供の幼稚園で知り合い、仲良くなったAさんが、頭を悩ませていること…それは、子供の習い事についてでした。話の本題に入る前に、Aさんの人となりについてご紹介しましょう。

30代半ばのAさんは、幼稚園児から小学生まで、3人の男児を育てる快活でパワフルなママ。朝9時から15時まで、週5日パートで働き、仕事が終わると、毎日、子供たちの習い事の送迎で行ったり来たり。旦那さんは、出張と残業が多い職業のため、平日はほとんど自宅におらず、育児の手助けにはなりません。これだけ忙しくても、パートの仕事を減らせない理由、それは子供の習い事のためなのだと言います。

最初は早期教育なんて興味のなかったAさん。ところが、現在小学4年生の長男が3歳の頃に、周囲のママ友の間で習い事ブームが到来。

「有名アスリートは、3歳から競技をはじめていた」
「3歳までに色々な経験をさせて、外から刺激を与えなければ、地頭が育たない」

こんな熱弁を聞いて、揺れない親がいるでしょうか。
「我が子だけ習い事をしてなかったら可哀想。お友達も一緒なら、習い事に楽しく通ってくれるかも」と軽い気持ちで、ママ友が誘ったサッカー教室に入会しました。すると、他のママからも習い事のお誘いがくるように。

「小学校では、泳げて当然という前提で、プール授業が進められる。泳げない子は辛いよ」

そう聞くと、泳げずにプールサイドで1人バタ足の練習をしている姿が目に浮かび、「泳げないと可哀想…」とすぐにプール教室に通わせることに。さらに…

「東大生には、ピアノの経験者が圧倒的に多い。脳科学の観点からも、ピアノは知能を伸ばす」
「小学生から英語が必須科目になる。早い時期から、習い事で英語を習えば、落ちこぼれない」
「兄弟児の場合は、上の子と下の子で差を付けない方が良い」

こんな話を聞く度に、Aさんの子供たちの習い事は、増えていきました。
ある時ふと、子供たち3人、いくらくらい習い事に費やしているのだろうと疑問に思い、計算してみることに。

当時の習い事は、こんな感じでした。
小学4年生の長男は、習い事を4つもしています。サッカー、水泳、英語、ピアノ。
小学2年生の次男は、習い事は3つ。サッカー、英語、ブロック教室。
そして幼稚園年少の三男も、2つの習い事をはじめました。水泳、ピアノ。

気づけば、子供たち3人で、9つもの習い事をしていたのです。月謝が安いものは、5000円未満から、高いもので1万円ほど。月々の習い事に払う出費は、6万円を越えていました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ