小学校がまるで女子校!イマドキ〇〇くんは古すぎる?

我が子の小学校入学。筆者も初めての「小学一年生ママ」です。初めての小学校は、イマドキの小学校事情がたくさんあり、驚かされます。恥ずかしながら、入学早々の衝撃エピソードをご紹介します。

nikoniko_happy/iStock/Thinkstock

nikoniko_happy/iStock/Thinkstock

幼稚園や保育園では、男の子は「○○くん」女の子は「○○ちゃん」と呼んでいた子どもたちや先生、保護者たち。男の子も女の子も、いっしょになって手をつないで整列している可愛い姿に目を細めていました。

ある日、幼稚園の先生が「今日はお名前の順番に並びましょう!」と園児に呼び掛けたとき、男の子も女の子もごちゃ混ぜに一列に整列しました。筆者は、子どもの入園をきっかけに、今は男女混合の出席番号が当たり前なのだと知りました。

筆者の幼少期は出席番号が男女別で、男子が前、女子がその後でした。男女平等の時代だなーと抵抗なく受け入れた筆者です。

maroke/iStock/Thinkstock

maroke/iStock/Thinkstock

それから無事に幼稚園を卒園して、小学校の入学式を迎えた日のこと。

新一年生のクラスが貼り出され(もちろん男女混合のリストです)教室にもスムーズに入り、名前が貼られた机に座っていました。

おめかしをした担任らしき先生が「名前を呼ばれたら、手をあげて大きな声で返事してください」と教壇に立ち点呼を始めました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ