便利すぎる!100均のマスキングテープ活用法

100均のダイソーはマスキングテープの種類が豊富!お手紙やプレゼントの装飾に使ったりしますが、それだけじゃないんです。私流ダイソーのマスキングテープ活用法をご紹介します。

子育てするようになってから使うようになったアイテムがマスキングテープ。6歳、3歳の兄弟を育児中ですが、ママ友におすそ分けをする時の袋の封入から、プレゼントやお手紙の装飾まで幅広く使用しています。

たとえば、メモ帳に書いて渡すことの多いママ友への連絡先や幼稚園の先生へのちょっとした言付け。マスキングテープをちょっと貼るだけで、味気ないメモ書きだったものが、見た目も華やかなお手紙に変身!ズボラな私にはとてもありがたいアイテムです。

マスキングテープは女の子向けのキュートな柄が多く、男兄弟持ちの私は青いチェックや無地など、できるだけ地味な柄を使うようにしていました。

しかし最近ダイソーで男の子向けのマスキングテープが豊富に売られているのを発見!しかも、息子たちが好きなキャラクターものばかり。見つけたら爆買いしてしまいます。

実は装飾以外にも色々な使い方があります。そのひとつが洋服の記名です!

記名欄がない服や、兄弟で使いまわししたいなどで記名できない、記名したくないものもありますよね?油性ペンで直書きだと名前が残ってしまうし、アイロンテープは洗濯に弱い。そんな時に便利なのがマスキングテープです。

方法はとても簡単。洋服の内側についているタグの輪をぐるっとマスキングテープで囲むだけ。

テープの終わりが輪の内側になるようにすると、更に強度が増します。そして、貼り付けたマスキングテープの表面に名前を書いて完成です。

油性ペンでテープに直書きしても良いですし、お名前スタンプを押しても良いです!

油性ペンは洗濯回数と共に薄くなってしまいますが、マスキングテープは洗濯でもなかなか剥がれません。我が家では、3年前につけた長男の洋服のマスキングテープがまだ残っています。

名前を取りたい時にはマスキングテープを剥がすだけ。お洋服に直接記名しないので、着なくなった洋服は気軽に譲ったり、フリマで売ったりできます。

他にも色々な使い方ができそうなダイソーのマスキングテープですが、男の子が使える柄が増えたので非常に助かっています!

※情報は2018.6.27時点のものです

森野ミヤ子

体の大きな二人兄弟育児中の転勤族妻。もつ鍋が好き。

関連タグ

この記事もおすすめ