結局やり直し!?残念な結果だった夫の家事ワースト3

毎日仕事で忙しく、あまり家事をしない我が家の夫ですが、たまに「僕がやるよ!」と自主的に声をかけてくれることも。その気持ちはもちろん嬉しいけれど、夫に頼むとかえって二度手間になることもあるのが悩ましいところ。そんな我が家の夫の、残念な家事を3つご紹介します。

iStock.com/RazoomGames

iStock.com/RazoomGames

夫の残念な家事 3位【料理】

料理を作ってくれるのはいいけれど、料理が完成するまでにたくさんの食器類を使う夫、何とかなりませんか!

包丁で切った食材を一時置きするために、新しいお皿を何枚も出して来たり、調味料を入れたり味見したりするために箸やスプーンを何本も使ったり…。

食材を切ったらそのまま鍋やフライパンに入れればいいし、調味料はお玉やスプーンが1つあれば事足りるのでは?!そうしてシンクにたまった洗い物は、結局私が洗う羽目になってしまいます。

そもそも「料理」っていうのは、食材選びから後片付けまでの一連の流れだと思うのですが、夫の「料理」はあくまでも「調理」のみ。

それ以外の工程は妻任せです。

iStock.com/yunava1

iStock.com/yunava1

 夫の残念な家事 2位【洗濯物干し】

「洗濯物を干すのは好きじゃない」と言いつつも、やってくれているのは嬉しいのですが…。

洗濯物を干す時に、シャツの袖やズボンの裾がくるんとしたままで干していたり、しわを全く伸ばさず干したりしているので、乾き方のムラがひどいし、乾いた時の形がひどいことになっています。

しかも「これで乾くの?」と言いたくなるような過密干しをいつもしているので、乾きやすいように整えるのは私の仕事です。

そしてなぜか「途中で力尽きた」と、靴下などの小物を洗濯機に残したまま。どうせやるなら全部やってよ!

気が付かずに、丸一日洗濯槽内に放置された洗濯物は、再度洗濯機で回される羽目に。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ