小学校で驚きの雑巾カースト制度!?頂点は真っ白な市販品

小学校の学年や学期が変わるタイミングで、準備が必要なものはたくさんあります。その中で「雑巾」はマストアイテム!今さらながら、知った雑巾事情とは…?!

娘が通う小学校は学期ごとの始業式に「雑巾2枚」を持参することになっています。娘も小学3年生になり、学期ごとに雑巾が必要なことも分かってきたので、年に1~2度ミシンを引っ張り出して、まとめて雑巾を縫っています。

日頃から、使い古しのタオルを雑巾用に取っておくのが我が家の習慣になっています。その中でも、柄がかわいいタオルやキャラクターのイラストが入ったタオルを小学校の雑巾用に選んでいます。

始業式以外にも、図工の絵の具セットや習字セットにも雑巾が必要になります。なので、我が家の雑巾のストックはすぐになくなってしまいます。そのたびに雑巾をまとめて追加作成することもあります。

新学期が始まる頃、いつものように小学3年生の娘に雑巾を2枚渡すと「真っ白な雑巾はないの?」と言われました。

「ん?真っ白な雑巾はないなぁ。この雑巾かわいいでしょ?イラストも色もついてて、汚れも目立たないよ。白い雑巾も柄物の雑巾も同じ雑巾じゃないの?」と私が答えると

「みんな真っ白の雑巾を持ってきてるの…」となんだか言いにくそうに娘が言いました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ