非常識な義両親…新婚さんのマンションに、布団とペット持参で現れた!

iStock.com/jreika

iStock.com/jreika

結局、話は平行線のまま、義親はゴールデンウィークに遊びに行くと譲らないので、彼女は、せっせと部屋を片づけました。ウォーキングクローゼット状態の部屋から、衣類や荷物を運び出して、寝室に移動させました。

そして、ゴールデンウィーク初日。なんと布団2組をもって、義親は現れたのです。

「車の中に、布団があるから運んで頂戴!」そう言いながら、ずかずかと部屋に入ってきた義親は、「狭いわねぇ」と二人の新居をディスり、ウォーキングクローゼットだった部屋に、布団と荷物を置かせました。義親が、どっかりとリビングのソファーに座り、一息ついていたその時、キャンキャンと鳴き声が聞こえました。

iStock.com/TatyanaGl

iStock.com/TatyanaGl

まさか…!そう、義親は、ペットの愛犬を連れてきていたのです。

友人は慌てて、「ここはペット不可マンションなので、ペットは困ります」と伝えても、義親は平然と「ばれなかったら大丈夫よ〜。この子は、家族も同然だから、留守番なんて可哀想でしょ」と、聞く耳をもちません。

結局、義親は、2泊3日も宿泊して、「狭かったわ〜、よく暮らせるわね」なんて失礼な言葉を残して帰宅しました。

この悲劇があったのは、友人が新婚だった8年前の話。それから彼女には、一人息子が出来て、新婚当初よりもずっと広くてキレイなマンションを購入しました。その新しいマンションには、義親を招待してお茶をする…ということはありますが、新婚当初のように義親を泊まらせたことはありません。もちろん、ペットも厳禁です。

「そこまで息子宅に泊まりたいのか…私は絶対に、息子くんが独り立ちしても泊まらないわ!」
そんな風に、友人は愚痴るのでした。

2 / 2

※情報は2018.6.6時点のものです

tsukuko

やんちゃな3歳男児と、おしゃまな5歳女児のママ。幼稚園、保育園、ご近所のママコミュニティを回遊中。

この記事もおすすめ