プールとお風呂を勘違い?プールでくつろぐ園児に困惑

長男のプール初体験は1歳の時。
記念すべきプールデビューの日、大はしゃぎで水遊びを楽しむ他の子たちをよそに、長男だけはなぜかプールに浸かってまったりモード?!
「こんな子はじめてです」と先生たちを困惑させたある夏の出来事をご紹介します。

iStock.com/portishead1

iStock.com/portishead1

長男のプールデビューは、託児所の小さな簡易プールでした。
当時1歳だった長男は、それまで水遊びというものをしたことがなかったので、「プール」と言われてもなんのことか分からない様子。

記念すべき託児所での初プールの日、長男はされるがままに水着を身に着け、先生たちに手を引かれてプールへ連れて行かれたそうです。

託児所の庭に設置された小さな簡易プールには、子どもたちが大好きなたくさんのおもちゃがプカプカ。
それを見たお友達は目を輝かせて歓声をあげました。

「わー!」
「お水ー!」

先生とともにプールに入った子どもたちは、大はしゃぎ。
おもちゃを手に取ったり、手で水しぶきをあげて楽しんだりして、思い思いに水遊びをはじめました。

iStock.com/katrinaelena

iStock.com/katrinaelena

元気に遊ぶお友達、そんななか長男だけ様子が違うようです。
長男はプールの端っこに座り、両腕をプールの縁にかけて、足を伸ばし、リラックスムード。
おもちゃには全く見向きもしません。
かと思うと、湯浴みのようにプールの水を手で体にかけて、気持ちよさそうな表情を浮かべています。

託児所の先生たちは、他のお友達みたいに水遊びに興味を示さない長男の行動に大困惑。
プール遊びでこんな反応を示した子はこれまでいなかったとのこと。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ